▲ページトップ
直輸入販売 充実の品揃え!常時在庫30万点以上

国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料!! ご注文専用ダイヤル0120-841109
会員ページ カートを見る
  • 食器
  • キッチン&雑貨
  • ギフト
  • 特選
  • ブランド一覧
  • アイテム一覧
  • 特集一覧
  • セール
  • コンシェルジュ
  • 検索   さらに絞り込む
    • facebook
    • twitter
    • youtube
    • tablelabo
    HOME > 特選 >

    Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年

    国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料 0120-841109

     
    Luxury Selection
    バックナンバー

    逸品バックナンバー

    今週限りのお買い得品
    今週限りの特価品を見る
    特集一覧
    特集一覧を見る

    期間限定セール

    スペシャル企画

    定期更新

    ピックアップ アイテム

    その他のおススメ
     
    ヴィクトリアシリーズ
    商品一覧ページへ

    蝶や牡丹の花が鮮やかに描かれた中国趣味(シノワズリ)の香る「ヴィクトリア」シリーズ。1851年、ロンドンで開催された博覧会で、ヴィクトリア女王がこのシリーズを見染め愛用したというエピソードからその名がつけられました。
    ヘレンド窯の始まり
    17世紀ごろまで、ヨーロッパにおいて磁器は極東から船ではるばる運ばれてくる中国の特産品であり、何世紀にもわたり磁器焼成の実験が繰り返されていました。1705年、ヨハン・フリードリヒ・ベドガーが磁器焼成に成功しマイセン窯が始まり、ヨーロッパで磁器産業が次々と設立され始めてからも、その製造技法と装飾の特殊性の故に磁器は高価な品物でした。
    15世紀のころ、ハンガリーはヨーロッパの経済・文化大国の一つでしたが、その地位は16世紀半ばのオスマントルコの侵略によって崩れ去り、以後150年間に及ぶハプスブルク帝国=オスマントルコ間の戦争は国全体に甚大な被害をもたらし、ハンガリーは西ヨーロッパに比べ何世紀もの経済的・社会的遅れを被ることになりました。
    その為、ハンガリーでの磁器製作所の操業は多くの困難を伴っていました。当時のハンガリーはまだハプスブルク帝国の一領土に過ぎなかった上、ウィーンでは既に1718年から帝室の磁器工場が操業しており、競争相手の出現は嫌煙され、ペストの市民が新しい磁器製作所の設立申請をしても資本の不足を理由に却下されるばかりか、彼の製品はウィーン宮廷の命令で粉々にされてしまうほどでした。
    フンボルト SP
    ティーカップ&ソーサー(イエロー)
    商品ページへ

    原型1860年ごろ。マイセン窯の影響を示す、鳥や蝶の群れ、小枝や植物の写実的な絵が施されています。19世紀に著名なロスチャイルドの人々がいくつもこのディナーセットをヘレンドに注文したことにちなんでつけられました。

    更に詳しくはこちら ≫
    しかし1820〜1830年代に入り、資本主義経済への発展と改革への機運の高まりでハンガリーの資本主義的発展を遮ることはできなくなったころ、ようやく上流貴族出身のイシュトヴァーン伯爵と、下級貴族出身のコシュート・ラヨシュという二人の傑出した政治家が現れました。二人は祖国が資本主義的に発展するための前提条件として、近代的な製造業や商業・金融制度の確立が必要であると十分に認識しており、ハンガリーにおける磁器製造所の設立もこの産業振興策の一つでありました。
    伝統的な陶器工房が点在するいくつかの地方の村々で磁器焼成の実験が繰り返され、ついにバラトン湖の北側、バコニ山地に位置する小さな村“ヘレンド”で磁器焼成の試みが見事に成功しました。これがヘレンド窯の始まりです。
    帝室・王室御用達へ
    ゲデレ G
    オリエンタルカップ&ソーサー
    商品ページへ

    原型1860〜80年ごろ。柿右衛門装飾モチーフの組み合わせです。本来の名称は「西安の赤」でしたが、フランツ・ヨーゼフ1世が王妃エリザベートに贈ったことから、夏の離宮であったゲデレの城館にちなんでつけられました。
    ヘレンド窯の重要性は歴史的な背景だけではありません。創業者たちは外国の製品との競争に勝てるような満足のいく品質の製品を生み出すため、少なくとも10年間にわたって研究を続けました。様々な機械を購入、新たに窯を設置し、50人を超える従業員を抱える工場へと発展しながらも、古くからの職人達の経験を生かしながら生産を続けました。成果はすぐさま現れ、1842年、議会は工場に対してハンガリーの国章の使用を許可し、帝室・王室御用達磁器製作所として登録しました。同年に開催された産業博覧会では、ウィーン製磁器の品質に迫る製品を出品しました。
    当時のヘレンド窯の案内書には、初期はマイセン窯、その後はセーブル、ウィーン、カポディモンテ窯などのヨーロッパ有数の窯の主に作られなくなった古いモチーフやセットの模倣をヘレンドが始めた経緯が書かれています。その頃はまだデザインの特許が導入される前で、ヘレンドは自らの名をこれらの作品に印すことが出来ました。ハンガリーの大貴族はこぞって、割れたり欠けたりした先祖代々のディナーセットをヘレンドから補充するようになり、工場にとって主要な顧客となっていきました。皮肉なことにへレンド窯の創業はハンガリーの資本主義発展の成果の一つでしたが、彼らの顧客は国内外の封建的な上流大貴族であり、ヨーロッパ各地の大規模な磁器工場が、すでにより広い層の中産階級向けの磁器製造に転換し始めていたころ、ヘレンドは伝統ある帝室磁器製作所の様式を復活させ、芸術の域にまで達する華麗な作品を制作していました。
    ヘレンドの隆盛
    ロスチャイルドバード(RO)
    商品ページへ

    原型1860年ごろ。マイセン窯の影響を示す、鳥や蝶の群れ、小枝や植物の写実的な絵が施されています。19世紀に著名なロスチャイルドの人々がいくつもこのディナーセットをヘレンドに注文したことにちなんでつけられました。

    更に詳しくはこちら ≫
    その後のヘレンド窯の眩いばかりの繁栄は、ロンドンでの万国博覧会の成功に始まります。1851年にロンドンで開かれた万国博覧会では、ハプスブルク帝国内にあった19の磁器製作所のうちヘレンド窯だけが金賞を受賞します。花鳥模様の装飾が施されたそのディナーセットはヴィクトリア女王の目に留まり、さっそくディナーセットの注文を受けたことから、「ヴィクトリア」と名付けられました。
    その当時、工場では60人ほどが働いており、窯を改造し原料の攪拌機も設置されたとはいえ、生産は相変わらずほとんど手工業方式のままでした。機械による生活用品の生産が着実に普及し始めていた19世紀半ばにあって後進を拝するものでしたが、ヘレンドではまさにこの遅れこそが長所となりました。1860年代イギリスでは、工場で生産された安価な大量製品に対して、中世の熟練した職人技を復活させようとするアーツ・アンド・クラフト運動が起こっており、こうした中でヘレンドの古風な技法への執着や品質の高さへの厳しいまでの要求は、時代の先端を行くものとなりました。
    1862年、再びロンドンで開かれた博覧会で、ヘレンドはまたもや栄冠に輝きました。ハプスブルク皇帝は1864年にすでに廃業していた帝室磁器製作所の所有する特許パターンの権利までもヘレンドに委譲し、かつてのライバル窯が消えてゆく中で、ヘレンドの世界的名声は高まるばかりでした。
    ヘレンドの衰退と再興
    1867年、国外亡命を余儀なくされていたハンガリーの政治家とハプスブルク皇帝の間で「協定」が結ばれ、オーストリア=ハンガリー2重帝国が成立します。ハンガリーはそれまでハプスブルク帝国世襲の領土としてオーストリアの半植民地でしたが、この協定によりハンガリーはある程度の自治を認められただけでなく、経済発展に急速な弾みをつけました。工場が次々と設立され、急速な産業化が進んでいくのに対し、一方でハンガリーの産業発展の誇りであったヘレンドは危機に陥ります。大規模な経済発展は、機械化や工場での大量生産へと向かっていき、ヘレンドの古風な様式や高度な手仕事を必要とする生産は途端に時代遅れとなり、1874年に起きた世界的な経済恐慌も衰退へと向かわせ、ついに工場は破産を宣告しました。
    第一次世界大戦の敗北はハンガリーに深刻な打撃を与え、ハンガリーは領土の3分の2を喪失し、経済停滞はヘレンドにも影響を与えました。主な顧客層であった上流貴族層は減少を続け、1923年には従業員がわずか23名にまで減少しました。ヘレンド窯にも転機が訪れます。工場の経営者は中産階級の新しい市場に目を付け始め、当時需要が伸びていた手ごろな値段の小さな装飾品の生産に力を入れていきました。1930年代、工場は小像(フィギュリン)の製作を開始し、それらを次第に開花させていきました。1934年には従業員は140名に増え、1940年には450名を超える程になりました。
    ただし、この成功もつかの間、第2次世界大戦の勃発により工場は再び後退を余儀なくされます。戦争の影響で輸出市場からは切り離され、1945年の終戦後も海外から輸入されていた原材料が何年も調達できずにいたため、すぐに復興には結びつきませんでした。しかし、1948年に行われた国有化により状況は好転します。リモージュより大量の素地が調達された後、1950年代には新しい工房が建設、電気の窯が設置されましたが、機械化されたのは重労働の仕事だけであり、成型と絵付けは変わらず人の手によって行われ、生産の職人的な特徴は残されました。その後ヘレンドは再び世界に向けて生産を開始し、現在では往時をしのばせるヘレンドならではのものから、近代的な作品、また小像の製作も続けられています。
    ヘレンドは2016年で190周年。
    今までもこれからも伝統に固執することなく、新しい時代に対応した作品を提供し続けています。
           
    「リンク切れ、在庫切れの商品につきまして」
    掲載商品は希少品や限定商品などが含まれておりますため、在庫切れや今後入荷が困難なものがございます。予めご了承くださいませ。
    また、在庫状況や入荷予定など商品についてご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。

    ※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
    ※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    Monthly Topic: Luxury Selection BACK NUMBER

    • Luxury Selection vol.102 蘇る京の幻「京薩摩」
    • Luxury Selection vol.101 ヘレンドとシノワズリ
    • Luxury Selection vol.100 世界中の高品質な商品を皆さまのご家庭に
    • Luxury Selection vol.99 暮らしに根付くフィンランドデザイン
    • Luxury Selection vol.98 GEORG JENSEN
    • Luxury Selection vol.97 宝石の時計「カルティエ」
    • Luxury Selection vol.96 ミニチュア食器の世界
    • Luxury Selection vol.95 暮らしの中で輝くクリストフル
    • Luxury Selection vol.94 ジョサイア・ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.93 ヴェネチアンガラス
    • Luxury Selection vol.92 景徳鎮
    • Luxury Selection vol.91 ヨーゼフ・ホフマン
    • Luxury Selection vol.90 クラウンダービー
    • Luxury Selection vol.89 ガラスのパレット
    • Luxury Selection vol.88 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年
    • Luxury Selection vol.86 竜
    • Luxury Selection vol.85 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期
    • Luxury Selection vol.83 ストークオントレント
    • Luxury Selection vol.82 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.81 ボヘミア
    • Luxury Selection vol.80 ラリック
    • Luxury Selection vol.79 浮世絵ガラス
    • Luxury Selection vol.78 アウガルテン
    • Luxury Selection vol.77 ロイヤルコペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.76 ロイヤルアルバート
    • Luxury Selection vol.75 春意万象
    • Luxury Selection vol.74 マイセン
    • Luxury Selection vol.73 ローゼンタール
    • Luxury Selection vol.72 リモージュ
    • Luxury Selection vol.71 ノリタケ
    • Luxury Selection vol.70 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.69 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.68 現代のマイセン
    • Luxury Selection vol.67 エルメス
    • Luxury Selection vol.66 Oiva Toikka
    • Luxury Selection vol.65 バカラ創設250周年
    • Luxury Selection vol.64 食卓の芸術
    • Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓
    • Luxury Selection vol.62 ラリック
    • Luxury Selection vol.61 ナソンモレッティ
    • Luxury Selection vol.60 アラビア メモリーズ
    • Luxury Selection vol.59 マイセン
    • Luxury Selection vol.58 エルコーレ・モレッティ
    • Luxury Selection vol.57 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.56 ロイヤルクラウンダービー
    • Luxury Selection vol.55 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.54 マイセンクリスタル
    • Luxury Selection vol.53 エインズレイ
    • Luxury Selection vol.52 バラリン
    • Luxury Selection vol.51 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.50 吉祥(バカラ)
    • Luxury Selection vol.49 マイセン
    • Luxury Selection vol.48 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.47 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.46 グラシアス
    • Luxury Selection vol.45 イッタラ・アラビア
    • Luxury Selection vol.44 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.43 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.42 PK500
    • Luxury Selection vol.41 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.40 カトラリー
    • Luxury Selection vol.39 ドラゴンと龍
    • Luxury Selection vol.38 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.37 フランティシェクハラマ
    • Luxury Selection vol.36 ル・ノーブル美術館
    • Luxury Selection vol.35 バカラ デザイナー
    • Luxury Selection vol.34 星雨花宴
    • Luxury Selection vol.33 Ajka Crystal
    • Luxury Selection vol.32 たくみ切子・後編
    • Luxury Selection vol.31 たくみ切子・前編
    • Luxury Selection vol.30 ロイヤルウェディング
    • Luxury Selection vol.29 グラヴュール技法
    • Luxury Selection vol.28 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.27 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.26 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.25 ベリーク
    • Luxury Selection vol.24 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.23 有田焼
    • Luxury Selection vol.22 ギグリオ
    • Luxury Selection vol.21 アラビアンナイト
    • Luxury Selection vol.20 バカラ
    • Luxury Selection vol.19 景徳鎮・後編
    • Luxury Selection vol.18 景徳鎮・前篇
    • Luxury Selection vol.17 ヘレンド
    • Luxury Selection vol.16 マイセン
    • Luxury Selection vol.15 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.14 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.13 ガレ
    • Luxury Selection vol.12 お茶の歴史・後編
    • Luxury Selection vol.11 お茶の歴史・前篇
    • Luxury Selection vol.10 切子の世界
    • Luxury Selection vol.09 ラリック150周年
    • Luxury Selection vol.08 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.07 鷲
    • Luxury Selection vol.06 マイセン
    • Luxury Selection vol.05 ヘレンド フンボルト
    • Luxury Selection vol.04 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.03 ロスチャイルドバード
    • Luxury Selection vol.02 マイセン
    • Luxury Selection vol.01 ラリック

    戻る