▲ページトップ
直輸入販売 充実の品揃え!常時在庫30万点以上

ご注文専用ダイヤル 0120-84-1109 [受付時間] 平日:10時〜18時、日祝:10時〜17時
国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料!! 会員ページ カートを見る
  • 食器
  • キッチン&雑貨
  • ギフト
  • 特選
  • ブランド一覧
  • アイテム一覧
  • 特集一覧
  • セール
  • テーブルラボ
  • 検索   さらに絞り込む
    • facebook
    • blog
    • twitter
    • tablelabo
    HOME > 特選 >

    Luxury Selection vol.92 景徳鎮

    国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料 0120-841109

     
    Luxury Selection
    バックナンバー

    逸品バックナンバー

    今週限りのお買い得品
    今週限りの特価品を見る
    特集一覧
    特集一覧を見る

    期間限定セール

    スペシャル企画

    定期更新

    ピックアップ アイテム

    その他のおススメ
     
    江西省の昌江の南にあることから『昌南鎮』と呼ばれた町が“景徳鎮”となったのは、北宋の景徳年間(1004年〜1007年)のことです。
    優れた作品もこの頃から始まり、1000年以上もの間彼の地に伝わり続けています。
    陶磁器の種類として景徳鎮の名前はあまりにも有名です。白磁にコバルトで染付をした青花や、唐三彩など、中国磁器の根幹として世界中に知れ渡っているからです。その磁土を採掘した高嶺山(こうりょうさん)の漢音である“カオリン”が、磁器の土そのものの代名詞になっていることからも、その認知度の高さが伺えます。
    景徳鎮で有名な青花は、実はいつごろ始まったかは定かではありません。しかし元以前の南宋時代の遺跡の出土品には青花が無かったため、1300年代の元代に始まったと考えられています。釉薬の下に彩画したものとしては景徳鎮にほど近い吉州で、白磁に鉄釉で絵を書く白磁鉄絵が作られており、その工人が景徳鎮へ来たかどうかは分かりませんが、この近隣からの影響はあったと思われます。
    また、誕生のもう一つのきっかけとなったのは、ペルシアの陶器と考えられています。当時中国陶磁の顧客であるペルシアでは、9世紀以来釉下青彩の青花を作っており、同じ青花の磁器をという注文が景徳鎮にあり、サンプルとしてペルシア青花陶が提示されたかもしれません。
    元代では、青花磁の器形がしだいに種類を増し、それに応じて文様もさまざまに取り揃えられました。大小の壺や、これに注ぎ口と取っ手をつけた水差し、片口や、大盤、大鉢など、文様には伝統的な牡丹や蓮の唐草文、水禽文、鳳凰文、クジャク文、竜文、麒麟文など、いずれも興隆期のダイナミックな活気にあふれています。染付(青花)は明の宣徳が有名ですが、元から明の初代、洪武にかけての14世紀後半は、青花の最初の雄大な黄金期でした。濃密なオリエント風のアラベスク文様をびっしりと描き込んだ大盤は、この時代の特色であり、中国の好みではないことから中近東からの注文であると思われます。
    ≫元時代の商品一覧へ≪
    明代の陶磁の主流は、あくまでも景徳鎮の磁器にありました。他に陶磁器を作る地域はあったものの、圧倒的に大量に作られたものという点では景徳鎮をおいてほかにありませんでした。その景徳鎮に明風とも呼ぶべき個性ある作品が生まれるのは、永楽帝の治世に入ってからです。元末のオリエント風磁器から、中国風の磁器へという方向転換が見られるのもこの時期からでした。
    その主力となったのは、永楽代に設置された御器廠でした。国から支給される官製品を作るための窯であったので、時間と費用をかまわずに、上質のものを作ることだけに集中することが出来ました。このため景徳鎮全体の作品の向上にもつながり、何よりもここで作られるものは皇帝はじめ朝廷の高官の嗜好にかなったものでした。
    永楽御器廠の方向を象徴するものとして、白磁の製品がかなり作られていました。明初期の古墓から出土する陶磁は、白磁、青磁が主であり青花はほとんどありませんでした。公式の儀礼に用いるのは、やはり格式をふまえた白磁でなければなりませんでした。
    しかし、時の流れや、人々の趣味嗜好としては装飾性豊かな青花磁の愛好に傾いていったようで、出土品としての永楽磁器の大部分はやはり青花に占められました。
    この時代の特徴としては、元時代からのオリエント好みによる大作はまだ多いものの、取っ手のある瓶(壺)といったゴテゴテした形は姿を消し、漢人の生活に即したスマートな形のものが多くなってきます。青色の染料の精錬が進み、青花の色はいたって明るく華やかとなり、文様の構図や描法が瀟洒をきわめるようになります。軽やかに回遊する纏枝や、唐草、流水にゆらめく藻草などが主役となり流麗なデザインが構成されました。
    ≫明時代の商品一覧へ≪
    明末の万歴帝の時代は焼造量が飛躍的に増大したこと、新種類のコバルトなど新しく質の良い材料が新たに輸入されるようになったことなどから、製品の質が格段に上がった時期で、上絵付を意味する五彩をはじめとする、各種の色絵磁器が盛んに作られました。
    しかし、万歴帝の後半の1625年頃から、日本や朝鮮、後金のヌルハチ軍との戦いなど、軍備の増大や、宮殿の再建などに巨額の費用を要したため、経済は一気にひっ迫し、御器廠の焼造が停止させられました。そしてそこで働いていた陶官たちが、生活の糧のために作り出したものは、商業的な作品でした。そこは献上用の器のような堅苦しい規制も、途方もない注文もなく、まさしく民間の窯の天下となりました。過酷な労働と制約にあえいでいた陶工たちは、この思いもかけぬ開放にさぞ喜んだことでしょう。この時期の特徴としては、まさしく解放感から来る自由、天衣無縫さといえます。青花の絵付けもいたって気ままに、楽しんで描いた風情の山水、花鳥、人物が意匠の中心であり、その最もすぐれた作品は、康煕帝の時代に集中しました。染付や、芙蓉手、祥瑞、赤絵など、清代においてヨーロッパや日本の文化と影響し合い、最高の頂点を極めたのでした。その後、景徳鎮の五彩の磁器は、近代中国陶磁の代表的な作品となり、脈々として今日まで作り続けられています。
    ≫清時代の商品一覧へ≪
    Luxury Selection Vol.75 春意万象
    新しいことが始まる季節に吉祥を描いたアイテムをインテリアに取り入れることで、さらなる幸運と健康を願ってみてはいかがでしょう。
    特集ページへ≫

    Luxury Selection Vol.19 景徳鎮≪後編≫
    景徳鎮で作られる美しい器の数々は、中国・日本のみならずペルシャ〜ヨーロッパに及ぶ東西交流に大きな影響を与えています。
    特集ページへ≫

    Luxury Selection Vol.18 景徳鎮≪後編≫
    青磁は古代中国の陶工たちの叡知と技術によって生まれた偉大な業績の一つ。
    長い歴史をかけ土や石を変化することによって美しい器を作り続けています。
    特集ページへ≫

    「リンク切れ、在庫切れの商品につきまして」
    掲載商品は希少品や限定商品などが含まれておりますため、在庫切れや今後入荷が困難なものがございます。予めご了承くださいませ。
    また、在庫状況や入荷予定など商品についてご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。

    ※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
    ※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    Monthly Topic: Luxury Selection BACK NUMBER

    • Luxury Selection vol.107 enjoy COFFEE
    • Luxury Selection vol.106 世界最高峰のテーブルウェア - Prouna(プラウナ)-
    • Luxury Selection vol.105 光の彫刻 ロブマイヤー
    • Luxury Selection vol.104 パリから届いた癒しの宝箱
    • Luxury Selection vol.103 遊び心に溢れたティーポット
    • Luxury Selection vol.102 蘇る京の幻「京薩摩」
    • Luxury Selection vol.101 ヘレンドとシノワズリ
    • Luxury Selection vol.100 世界中の高品質な商品を皆さまのご家庭に
    • Luxury Selection vol.99 暮らしに根付くフィンランドデザイン
    • Luxury Selection vol.98 GEORG JENSEN
    • Luxury Selection vol.97 宝石の時計「カルティエ」
    • Luxury Selection vol.96 ミニチュア食器の世界
    • Luxury Selection vol.95 暮らしの中で輝くクリストフル
    • Luxury Selection vol.94 ジョサイア・ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.93 ヴェネチアンガラス
    • Luxury Selection vol.92 景徳鎮
    • Luxury Selection vol.91 ヨーゼフ・ホフマン
    • Luxury Selection vol.90 クラウンダービー
    • Luxury Selection vol.89 ガラスのパレット
    • Luxury Selection vol.88 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年
    • Luxury Selection vol.86 竜
    • Luxury Selection vol.85 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期
    • Luxury Selection vol.83 ストークオントレント
    • Luxury Selection vol.82 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.81 ボヘミア
    • Luxury Selection vol.80 ラリック
    • Luxury Selection vol.79 浮世絵ガラス
    • Luxury Selection vol.78 アウガルテン
    • Luxury Selection vol.77 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.76 ロイヤル・アルバート
    • Luxury Selection vol.75 春意万象
    • Luxury Selection vol.74 マイセン
    • Luxury Selection vol.73 ローゼンタール
    • Luxury Selection vol.72 リモージュ
    • Luxury Selection vol.71 ノリタケ
    • Luxury Selection vol.70 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.69 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.68 現代のマイセン
    • Luxury Selection vol.67 エルメス
    • Luxury Selection vol.66 Oiva Toikka
    • Luxury Selection vol.65 バカラ創設250周年
    • Luxury Selection vol.64 食卓の芸術
    • Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓
    • Luxury Selection vol.62 ラリック
    • Luxury Selection vol.61 ナソン・モレッティ
    • Luxury Selection vol.60 アラビア メモリーズ
    • Luxury Selection vol.59 マイセン
    • Luxury Selection vol.58 エルコーレ・モレッティ
    • Luxury Selection vol.57 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.56 ロイヤルクラウンダービー
    • Luxury Selection vol.55 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.54 マイセンクリスタル
    • Luxury Selection vol.53 エインズレイ
    • Luxury Selection vol.52 バラリン
    • Luxury Selection vol.51 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.50 吉祥(バカラ)
    • Luxury Selection vol.49 マイセン
    • Luxury Selection vol.48 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.47 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.46 グラシアス
    • Luxury Selection vol.45 イッタラ・アラビア
    • Luxury Selection vol.44 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.43 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.42 PK500
    • Luxury Selection vol.41 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.40 カトラリー
    • Luxury Selection vol.39 ドラゴンと龍
    • Luxury Selection vol.38 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.37 フランティシェク・ハラマ
    • Luxury Selection vol.36 ル・ノーブル美術館
    • Luxury Selection vol.35 バカラ デザイナー
    • Luxury Selection vol.34 星雨花宴
    • Luxury Selection vol.33 Ajka Crystal
    • Luxury Selection vol.32 たくみ切子・後編
    • Luxury Selection vol.31 たくみ切子・前編
    • Luxury Selection vol.30 ロイヤル・ウェディング
    • Luxury Selection vol.29 グラヴュール技法
    • Luxury Selection vol.28 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.27 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.26 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.25 ベリーク
    • Luxury Selection vol.24 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.23 有田焼
    • Luxury Selection vol.22 ギグリオ
    • Luxury Selection vol.21 アラビアンナイト
    • Luxury Selection vol.20 バカラ
    • Luxury Selection vol.19 景徳鎮・後編
    • Luxury Selection vol.18 景徳鎮・前篇
    • Luxury Selection vol.17 ヘレンド
    • Luxury Selection vol.16 マイセン
    • Luxury Selection vol.15 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.14 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.13 ガレ
    • Luxury Selection vol.12 お茶の歴史・後編
    • Luxury Selection vol.11 お茶の歴史・前篇
    • Luxury Selection vol.10 切子の世界
    • Luxury Selection vol.09 ラリック150周年
    • Luxury Selection vol.08 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.07 鷲
    • Luxury Selection vol.06 マイセン
    • Luxury Selection vol.05 ヘレンド フンボルト
    • Luxury Selection vol.04 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.03 ロスチャイルドバード
    • Luxury Selection vol.02 マイセン
    • Luxury Selection vol.01 ラリック

    戻る