• [人気キーワード]
  • もっとみる
    • [人気キーワードTOP15]
ショッピングガイド
はじめてのお客様へ
ご利用ガイド
品質とサービス
コンシェルジュに相談
FAXでのご注文

アイテムを指定する

戻る

ブランドを指定する

シリーズを指定する

詳細検索

検索

Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓

オーストリア・ハプスブルク皇室では、ローズをモチーフにしたディナーセットを代々使用しており、この絵柄は1744年アウガルテンがハプスブルク王室直属の窯元となった頃から伝わるものです。
磁器が初めてヨーロッパにもたらされたのは13世紀末のことで、イタリアの商人“マルコ・ポーロ”が中国より持ち帰ったとされています。また良質のカオリンを産する中国の景徳鎮で作られる高級磁器の存在は、すでに14世紀のヨーロッパでも良く知られていました。
17世紀になると、王侯貴族の磁器に対する関心はますます強くなり、海洋国イギリスが真っ先に「東インド会社」を設立すると、オランダ、フランス、オーストリアも続いてアジアとの交易に乗り出し、競って磁器を本国へと運びこみました。
東洋磁器への強い憧れをもっていた有名な王侯貴族がザクセン選帝侯“アウグスト2世”でした。彼は宮廷専属の錬金術師ベドガーに白磁の研究を命じ、遂に1708年ドイツのマイセンにおいて、ヨーロッパ初の白磁が誕生しました。アウグスト2世は、この技術が他国に持ち出されることを危惧し、ベドガーを幽閉しますが、自由を奪われた彼は酒におぼれ、精神に異常をきたし37歳にして生涯を閉じます。しかし、彼と絵付け師ヘロルト、成型師ケンドラーなどによりマイセンはヨーロッパ有数の名窯として発展をとげたのでした。
同時期、ウィーンからザクセン公国に派遣された一人の宮廷武官がいました。名は“クラウディウス・イノセンティウス・デュ・パキエー”。彼はオーストリアにもマイセンのような磁器工房を作りたいと考えます。そこで、マイセン工房の主任と絵付け師ヘロルトをウィーンへと連れ出し、1718年、ヨーロッパで2番目に古いウィーン磁器工房、現在のアウガルテン窯を創設しました。デュ・パキエーは、マリア・テレジアの父カール6世から25年間にわたる磁器製造の許可を取り付け、食器だけでなく、燭台や、花瓶、時計などの装飾品、日本の柿右衛門を模した作品など高度な磁器を創り続けました。
18世紀初めにウィーン磁器工房の熱心な支援者の一人が、対トルコ戦で活躍し、ハンガリーからトルコを完全に駆逐した“オイゲン公”でした。彼を記念して造られたシリーズ「プリンス・オイゲン」は現在でもアウガルテンの代表作となっています。
ところがその後、ウィーン磁器工房は経営困難に追い込まれます。1744年女帝マリア・テレジアによって工房は買い上げられ、国営化されますが、この時よりハプスブルク家の紋章をウィーン磁器工房の商標として使うことが許可され、数々の変遷を重ねながら現在でも使われています。また今日アウガルテンを代表する図柄の一つ「マリア・テレジア」も女帝マリア・テレジアに感謝の意を表すために謹呈されました。
オイゲン公はオスマントルコとの戦いでウィーンを救った将軍であるとともに、芸術的感性の優れた人物でもありました。「プリンス・オイゲン」はハプスブルク家の繁栄に多方面から貢献した彼へ献納された作品です。
他に類を見ない深く落ち着いた色合いのマリアテレジアは、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったモミの木の色だけで彩色されたシンプル且つ重厚な作品です。
女帝は他のヨーロッパ王侯貴族と同様に東洋磁器への強い関心を持ち、特に日本の「伊万里」の愛好家でもありました。ハプスブルク家には、17〜18世紀の「古伊万里」が多くみられますが、これはスペイン・ハプスブルク家を通じて、オーストリア・ハプスブルク家にもたらされた物でした。九州のキリシタン大名は、スペインに少年使節団(天正遺欧使節団)を派遣するなど、日本とスペイン・ハプスブルク家の交流は鎖国まで続きましたが、この頃から既にスペインの没落は始まり、無敵を誇った艦隊もイギリス軍に大敗しスペイン王家は断絶してしまいました。
その後、スペインはフランスのブルボン家が治める事となりましたが、ハプスブルク家はこれまでのスペイン領ネーデルラントの南部(ベルギー)をオーストリア領として獲得しましたが、この事がハプスブルク家が直接アジア貿易に乗り出すきっかけとなりました。こうして東インドだけでなく、中国にも向かった貿易船は次々と絹、茶、磁器などを本国へ持ち帰り「オーストリア・東インド会社」はハプスブルク家に多大な利益をもたらしました。
女帝の死後、ウィーン磁器工房は1784年に、その経営がゾルゲンタール男爵の手にゆだねられました。この磁器有名な「コバルト・ブルー」が発見されたり、金彩の高度な技術が完成されるなど、ウィーン磁器工房の成長はめざましく製品の種類もかなり多くなりました。しかしこのころのウィーン宮廷は、厳しい政情にあり、晩さん会用の食器もウィーン磁器工房に借用するありさまでした。ウィーン磁器工房の経営は、その後ニーダーマイヤー家に移りますが皇帝ナポレオンが婚姻用として大量注文するなど、工房だけはこれまでにない繁栄で賑わっていました。フランス革命と、ナポレオン戦勝終結後の1814年「ウィーン会議」の宴席でもウィーン磁器工房の食器が使われ、出席のために訪れた欧州各国の代表団は競って磁器を買い求めました。
「ウィーン会議」が終了すると機能性を最優先した「ビーダーマイアー様式」と呼ばれる新たな芸術様式が流行しました。簡素で実用的な絵柄の作品が人気となり、貴族と庶民の間に起きたブルジョワ市民階級までもが宮廷生活にあこがれ磁器を買うようになりました。
しかしフランツ・ヨーゼフが即位したころには、順調な繁栄を続けてきたウィーン磁器工房にも陰りが見え始めます。ボヘミアの磁器産業やハンガリーのヘレンドが頭角を現し、皇帝が宮廷で使う食器もウィーン磁器工房にとってかわるようになっていったのです。ウィーン磁器工房は外国の磁器産業に押され気味になり、1862年のロンドンの万国博覧会以来、注文はばったりと途絶え、1864年閉鎖へと追い込まれます。そしてついに工房とともに繁栄したオーストリア帝国も滅亡し、ウィーン磁器工房も帝国の浮沈の歴史とともに消えていきました。
斬新でユニークなデザインは、メロンを連想させる形とデザインからその名が付けられたホフマンの代表作です。
しかし1923年マリア・テレジアの狩猟館「アウガルテン宮殿」を改造してウィーン磁器工房はアウガルテンとして復活します。この「アウガルテン宮殿」はハプスブルク家が華やかなりしころ、モーツァルト、ベートーベン、ヨハン・シュトラウスなどの音楽家たちを招いて一族のためにコンサートを開いた場所でもあり、現在では500年以上の長い歴史を持つ「ウィーン少年合唱団」の宿舎ともなっています。女帝マリア・テレジアが作らせた卓上芸術とでもいうべきアウガルテンは、洗練された高度な技術を持ち、ハプスブルク家が愛用していた食器として世界中の愛好家から今なお高い支持を受けています。
※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。

新着特集

  • リヤドロ季節のインテリア「陶磁器製の兜・五月人形」
    リヤドロの兜や五月人形
  • リヤドロ雛人形 〜永く飾れる陶磁器のお雛様〜
    リヤドロのひな人形
  • ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 〜バックナンバー特集〜
    コレクタブルなアイテム
  • 新生活をブランド食器デビューにおすすめのアイテム
    生活を豊かに彩るブランド食器
  • バカラ 「ミルニュイ」のクリスタルガラスで楽しむ、お洒落なティータイム
    シンプルで力強い美しさ
  • ブランドの個性が光る春の花柄ティーウェア
    気分も春めく花柄食器
  • 白い器特集 〜洋食器専門店おすすめの万能アイテム、白い食器〜
    シンプルな白い食器
  • ドイツが誇る最高のカットグラス「アルンシュタット」
    ザクセンガラス500年の歴史を誇る
  • ハンガリーの名窯ヘレンド 〜様々な絵柄のティーカップ/花・鳥・シノワズリ〜
    絵柄ごとにピックアップ!
  • 【伝統工芸】 富士山モチーフのグラス・和食器
    富士をモチーフに!
  • ロイヤルコペンハーゲン 2024イヤープレート
    いよいよ販売開始!
  • イタリア、メッツァルーナ工房 〜花びらが特徴の小物入れ・フラワーベース〜
    花びらが特徴のインテリア
  • 憧れのイギリス ブランド食器 「英国フェア」 〜おすすめブランドのご紹介〜
    上品な英国ブランド
  • 「きほんのうつわ」でこなれた食卓
    こなれ感あるテーブルコーデ
  • ヴェトロ フェリーチェ ステラ グラス
    カラフルなグラスが登場!
  • ローズコレクション 〜美しいバラ柄の洋食器/世界の薔薇〜
    ブランドが誇るバラのアイテム
  • 料理を彩る大きなお皿 「One plate・Dish」
    おすすめの大きいお皿
  • 和菓子・洋菓子におすすめのお菓子皿
    秋のスイーツにおすすめ!
  • 幸せのガラス食器 Vetro Felice/ヴェトロ フェリーチェ
    カラフルなグラスが加わりました
  • ブランド別に選ぶおしゃれな紅茶一式「ティーカップ & ティーセット」コレクション
    人気ブランドのティーカップ
  • 30種以上のブランドや価格帯別に選べる「マグカップ コレクション」
    人気のマグカップ
  • イッタラ・アラビアを中心とした北欧の人気グラスとガラス食器
    北欧デザインのグラス
  • イエシア
    東欧リトアニアから届きました。
  • スポード ピュアモリス
    現代のライフスタイルにおすすめ!
  • ARNSTADT(アルンシュタット)
    高品質なクリスタルブランド
  • ウェッジウッド ジオ(Wedgwood Gio)
    上質なテーブルウェア「ジオ」
  • 美しさを届けるTwig New York
    美しさを届けるブランド
  • 世界が認めたプレミアムテーブルウェア プラウナ(Prouna)
    美しいテーブルウェア
  • アルテペレ プレースマット
    オシャレなプレースマット
  • 日本の食卓におすすめの和食器。マルミツポテリの“STUDIO M'(スタジオエム)”
    使う人に寄り添う器
  • 北欧スウェーデンのガラスブランド 「オレフォス」 & 「コスタ ボダ」
    スウェーデン王室御用達
  • ウェッジウッド シーラ・ブリッジス
    シーラ・ブリッジス
  • ウイスキーを楽しむための高級ロックグラス。オールドファッショングラス特集
    おすすめのロックグラス
  • ヘレンドの世界限定コレクターズアイテム
    シリアルナンバー付きの世界限定品
  • ミレフィオーリの世界 エルコーレ・モレッティ
    ミレフィオーリの世界
  • ハリオ
    世界のバリスタから定評のあるハリオのコーヒーアイテム
  • アラビア マイニオ
    日本の食卓にもおすすめ!
  • あなたの暮らしに、365日寄り添ううつわ
    おすすめの「和食器」
  • フルーツ柄をメインモチーフにしたブランド食器
    かわいいフルーツ柄の食器
  • 温かみのあるイギリス食器「エマ・ブリッジウォーター」
    女性から大人気♪
  • ティータイムに活躍する3点トリオセット 「プレート&ティーカップ&ソーサー」
    おすすめの3点セット
  • 春を祝うロイヤル・コペンハーゲン 「スプリングコレクション 2023」
    春を祝う「イースターエッグ 2023」
  • ジノリ1735 イル ヴィアッジョ ディ ネットゥーノ
    アーティスティックなデザイン
  • スウェーデン王室御用達の北欧食器 「ロールストランド」
    スウェーデン王室御用達
  • エプロンやミトンなどを展開する英国ブランド「アルスターウィーバーズ」
    キッチンファブリック
  • ロイヤル・アルバートコレクション
    心ときめくティーウェア
  • 明るさを与えてくれるナハトマン ボサノバ
    見た目にも可愛い食器
  • 手作りの温もり「リヤドロ」
    手作りによる表現力
  • 洗練された美の感性 「フランスフェア2023」 〜ブランド洋食器とガラス〜
    フランスの魅力を発見!
  • 芸術的な美しさ、世界の逸品。〜高級フィギュリン(人形)・ティーウェアの数々〜
    芸術的なアイテム
  • 洗練された美しさヘレンド ヴィクトリア
    心が弾むような可愛いヘレンド
  • ワインの種類別に形状を選ぶ 「リーデル ワイングラス」 シリーズ別紹介
    ワインの種類別に楽しむグラス
  • 花々のテーブルウェア 「ドイツ ローゼンタール」
    かわいい花が描かれた食器
  • 料理が映える!人気おしゃれ食器ブランド
    より美味しく、おしゃれに!
  • 英国スポードのシックな絵柄のシリーズ
    シックでお洒落なシリーズ
  • フランス・リモージュ焼き フィリップ・デズリエ 〜白い食器の最高峰〜
    美しい白磁の器
  • 伊賀焼 土鍋の長谷園
    土鍋ご飯はいかがでしょうか
  • 燕三条の技術の粋が結集したSUGATA
    燕三条のカトラリー
  • ウェッジウッド コレクション
    人気のシリーズをピックアップ♪
  • 英国170年以上の伝統を持つブランド「バーレイ」
    温かみのある器「バーレイ」
  • Denby(デンビー)
    カジュアルな英国ブランド
  • Vetro Felice新シリーズ ステラ、ルッソ
    華やかなグラスが登場!
  • Vista Alegre ヴィスタアレグレ ―ポルトガルを代表する高級磁器
    【ル・ノーブル新入荷】ヴィスタアレグレ
  • マリメッコ新入荷
    マリメッコ新入荷
  • 全ての特集を見る

    人気ブランド

    全てのブランドを見る

    売れ筋総合ランキング

    この特集で紹介されている商品の売れ筋ランキング

    更新
    pagetop