• [人気キーワード]
  • もっとみる
    • [人気キーワードTOP15]
ショッピングガイド
はじめてのお客様へ
ご利用ガイド
品質とサービス
コンシェルジュに相談
FAXでのご注文

アイテムを指定する

戻る

ブランドを指定する

シリーズを指定する

詳細検索

検索

Luxury Selection vol.102 蘇る京の幻「京薩摩」

人々を魅了した「SATSUMA」
薩摩焼は桃山時代、島津氏の第17代藩主「島津義弘」が朝鮮半島より連れ帰った陶工たちによって薩摩や大隈(鹿児島県)の窯で始められた焼物で、藩主の御用窯であった苗代川窯では、幕末になると金彩色絵の絢爛豪華な焼物が作られるようになりました。
江戸時代最後の年(慶応3・1867年)、日本が初めて参加した万国博覧会(パリ万博)では、単独で参加した薩摩藩が薩摩焼を出品し、高い評価を受けます。日本が国家として初めて参加した際も、大量に金彩色絵の薩摩焼を出品します。この時の作品は飛ぶように売れ、薩摩焼はまだ工業製品を持たなかった当時の日本にとって、他の陶磁器や七宝、金工と並ぶ日本の輸出商品の花形へと育っていきました。その後、京都・大阪・名古屋・東京・横浜などでも薩摩風の絵付けの焼きものが流行し、その多くが輸出されることで海外における「SATSUMA」は日本陶磁の一ブランドとして定着することになりました。
京の都に生まれた幻の器「京薩摩」
京都では、粟田焼として名高い三条粟田口の窯元で明治初期から大正期にかけて大量に薩摩焼が生産され、京薩摩と呼ばれていました。本薩摩と比べて、より繊細で雅やかなところが特徴で、文化の拠点だった京都ならではの美的センスが活かされた美しい構図でたちまち欧米人達を虜にし、一時期は生産量で本薩摩を凌ぐ程でした。
しかし、その後日本は急速に工業化を推し進め、工芸から工業への人材のシフト、人件費の高騰、意匠のマンネリ化などもあり、京薩摩はわずか数十年で急速に衰退していったのでした。
蘇る京の美
一度は廃れた京薩摩を現代に蘇らせたのが〜空女〜小野多美枝氏です。
小野さんが作られる京薩摩の作品は、崇高にして細密、一見して人が手描きして施された絵だとは思えないような、非常に緻密に描き込まれた絵で、いつまでも見入ってしまうような、心を引き込まれるような作品です。
小野さんの作品は、熟練した絵付け職人でも描けないであろうと思われるような、非常に高度な技術で施された絵付け、洗練されたデザイン、周到に計算されたような器のフォルムなど、作品として最高峰レベルといっても過言ではありません。人の手で描いたとは到底思えないほどの線で描かれた極小の世界。現代によみがえった華麗な色彩と精緻を極めた描線の美をご鑑賞下さい。
伝統工芸士 小野多美枝氏 -空女-
京都の南、大阪との境の町に生まれ
体育会系(ボート部)の高校生活を送り
周りに陶器関係者が皆無だったのにもかかわらず、
かすかに聞こえた『天の声』を頼りに
絵付師になることを決意し、美術の先生に窯元を探してもらう。
絵付けの仕事をして2年後、
陶工訓練校に入学し染付けの職人になる。
結婚後も家で受け取りの仕事や窯元に行き絵付けを続ける。
訓練校の友人の勧めで、
12年前から京都伝統工芸大学校の絵付け講師となり、
染付け・上絵の実習を教える。
7年前『赤絵細描 』と『京薩摩 』に出会う。
学校で教えながら独学で『赤絵細描 』『京薩摩 』を研究し、
3年後に展示会をして今に至る。
(以上、小野多美枝Official Web Siteより)
※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。

新着特集

  • 今週限りのお買い得品
    今週限りのお買い得!
  • 春を祝うロイヤル・コペンハーゲン 「スプリングコレクション 2023」
    春を祝う「イースターエッグ 2023」
  • 白い器特集 〜洋食器専門店おすすめの万能アイテム、白い食器〜
    シンプルな白い食器
  • 一流ブランド・職人作家の五月人形
    端午の節句
  • 洗練された美の感性 「フランスフェア2023」 〜ブランド洋食器とガラス〜
    フランスの魅力を発見!
  • 新生活のブランド食器デビューにおすすめのアイテム
    生活を豊かに彩るブランド食器
  • 花柄食器で楽しむ春のティータイム
    気分が華やぐ花柄ティーウェア
  • 芸術的な美しさ、世界の逸品。〜高級フィギュリン(人形)・ティーウェアの数々〜
    芸術的なアイテム
  • 洗練された美しさヘレンド ヴィクトリア
    心が弾むような可愛いヘレンド
  • いちご柄のブランド食器を集めました「ストロベリー コレクション」
    愛らしい「いちご柄」の食器
  • ワインの種類別に形状を選ぶ 「リーデル ワイングラス」 シリーズ別紹介
    ワインの種類別に楽しむグラス
  • 花々のテーブルウェア 「ドイツ ローゼンタール」
    かわいい花が描かれた食器
  • 洋食器で楽しむ日常 「春のテーブルコーディネート」
    春のコーディネート
  • ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 2023年発売中
    先好評発売中!
  • ヘレンド 小花ブーケと小鳥の 「地中海の庭」 (上級ペインター作品)
    上質でかわいいシリーズ
  • 料理が映える!人気おしゃれ食器ブランド
    より美味しく、おしゃれに!
  • 英国スポードのシックな絵柄のシリーズ
    シックでお洒落なシリーズ
  • 英国のカジュアルな食器「ポートメリオン」
    英国のカジュアルな食器
  • ロイヤル・アルバートコレクション
    心ときめくティーウェア
  • 復刻したアラビアのクロッカス
    ヴィンテージシリーズ
  • フランス・リモージュ焼き フィリップ・デズリエ 〜白い食器の最高峰〜
    美しい白磁の器
  • 小さなインテリア ーマイセンクリスタルー
    卓上の芸術品
  • 伊賀焼 土鍋の長谷園
    土鍋ご飯はいかがでしょうか
  • 明るさを与えてくれるナハトマン ボサノバ
    見た目にも可愛い食器
  • 伝統と新しい感性「ロイヤルコペンハーゲン」
    北欧の高級食器ブランド
  • ワイングラス コレクション
    ワインを楽しみませんか
  • ヘレンド エカイユ
    かわいい鱗パターン
  • 独創的な魅惑アイテム 「アジアンフェア2022」 〜アジア食器の世界〜
    魅惑のアジアンブランド
  • タイの食器ブランド「ブランベンジャロン」
    タイを代表する陶磁器
  • ツェラミカ アルティスティチナ (Ceramika Artystyczna)
    人気のポーランド食器
  • 英国王室御用達の洋食器ブランド スポード
    人気コレクションをピックアップ
  • 専門店が選ぶ、日本酒におすすめしたい形状別 「ぐい呑み & おちょこ」
    お気に入りの酒器選びに!
  • 燕三条の技術の粋が結集したSUGATA
    燕三条のカトラリー
  • テーブルに1枚あるだけでも印象が変わるチルウィッチ
    お洒落アイテム
  • ウェッジウッド コレクション
    人気のシリーズをピックアップ♪
  • 英国170年以上の伝統を持つブランド「バーレイ」
    温かみのある器「バーレイ」
  • Denby(デンビー)
    カジュアルな英国ブランド
  • ブランド食器で楽しむ 「カレー皿 & カレースプーン」
    カレーにおすすめのアイテム
  • 美しさを届けるTwig New York
    美しさを届けるブランド
  • ガラス食器を使った夏のテーブルコーディネート
    夏のテーブルにおすすめの器
  • ドイツの名窯 Meissen(マイセン)
    ドイツの名窯マイセン
  • フラワーベース コレクション
    花のある素敵な暮らしに
  • ローズ コレクション/美しい薔薇 (バラ)柄の世界
    薔薇をモチーフにしたアイテム
  • 多彩な色を表現したガラス工芸 津軽びいどろ
    津軽びいどろ
  • 幸せのガラス食器 Vetro Felice/ヴェトロ フェリーチェ
    華やかさを与える器
  • 30種以上のブランドや価格帯別に選べる「マグカップ コレクション」
    人気のマグカップ
  • クチポール
    クチポール ゴア
  • 全ての特集を見る

    人気ブランド

    全てのブランドを見る

    売れ筋総合ランキング

    この特集で紹介されている商品の売れ筋ランキング

    更新
    pagetop