• [人気キーワード]
  • もっとみる
    • [人気キーワードTOP15]
ショッピングガイド
はじめてのお客様へ
ご利用ガイド
品質とサービス
コンシェルジュに相談
FAXでのご注文

アイテムを指定する

戻る

ブランドを指定する

シリーズを指定する

詳細検索

検索

Luxury Selection vol.80 ラリック

アール・ヌーヴォー期に「モダンジュエリーの先駆者」と呼ばれるほどに宝飾工芸界で高い評価を得ていたルネ・ラリックが、それまでの経歴を棄てガラス工芸へと転向したのは彼が50歳のころ。斬新なデザインを掲げ、宝飾史上の変革者と称賛された彼の美しいジュエリーデザインの数々は、当時のフランスのみならず今なお高い人気を誇ります。しかし一方で、その彼が50歳という年齢にさしかかるころから試みたガラス造形家としての素晴らしい仕事の数々が、結果として彼をデザイナーとしてではなくアール・デコ期を代表する芸術家として後世に名を残すに至ったと言えるのではないでしょうか。

ラリックにとってガラスは光の化身でした。始まりは宝飾工芸における七宝(エナメル)です。彼は自身がつくるジュエリーが、女性とともに動き、ともに光を浴びてこそ輝くことを知っていたからです。彼の目指す表現世界を作る上で、自由自在に色を変え、変幻自在に形を変えるガラスは最高の素材でありました。ガラス工芸への転向後もそれまでと同じく自然や女性をモチーフとしながらも、宝飾工芸時代とは異なり多色使いを避けた作品作りが行われましたが、これは彼がガラスの持つ明晰さと透明性、ガラスを通して輝く光の美しさを求め続けたことにあります。

パリ・シャポン通りの商人の息子として生まれ、16歳の時に宝飾細工師に弟子入りしたことをきっかけに、80歳の時にリウマチが悪化しデッサンが難しくなるまで一貫して光を求め続け、創作人生を歩み続けたラリック。彼の生涯と作品をご紹介します。
※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。

新着特集

人気ブランド

全てのブランドを見る

売れ筋総合ランキング

この特集で紹介されている商品の売れ筋ランキング

pagetop