▲ページトップ
直輸入販売 充実の品揃え!常時在庫30万点以上

国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料!! ご注文専用ダイヤル0120-841109
会員ページ カートを見る
  • 食器
  • キッチン&雑貨
  • ギフト
  • 特選
  • ブランド一覧
  • アイテム一覧
  • 特集一覧
  • セール
  • コンシェルジュ
  • 検索   さらに絞り込む
    • facebook
    • twitter
    • youtube
    • tablelabo
    HOME > 特選 >

    Luxury Selection vol.101 ヘレンドとシノワズリ

    国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料 0120-841109

     
    Luxury Selection
    バックナンバー

    逸品バックナンバー

    今週限りのお買い得品
    今週限りの特価品を見る
    特集一覧
    特集一覧を見る

    期間限定セール

    スペシャル企画

    定期更新

    ピックアップ アイテム

    その他のおススメ
     
    東インド会社の設立と紅茶文化の始まり
    1600年にイギリスで東インド会社が、2年後の1602年にはオランダでオランダ東インド会社が設立されました。これらの東インド会社が中国などから盛んに商品をヨーロッパにもたらした事により、ヨーロッパでは東洋の文物への憧れが強まっていきました。「東インド」という名称ですが、交易相手にはインドだけでなく中国や日本も含まれていました。
    アジアからヨーロッパへの交易品はもともとは香料や胡椒などのスパイス類でしたが、次第にコーヒー、チョコレート、そしてお茶などの嗜好品が主な商品となっていきます。オランダ東インド会社によってヨーロッパへ初めてお茶がもたらされたのは1619年ごろであるとされており、その後オランダ経由で1630年頃にイギリス・フランスに入り、1657年には初めてロンドンのコーヒーハウスでお茶が市販されました。その後、1662年にポルトガル王の娘キャサリンがチャールズ2世の元に嫁いだ際に彼女が中国趣味を宮廷に持ち込み、同時に各地に喫茶の習慣が広がっていき、17世紀後半になるとヨーロッパ各地にコーヒーハウスが現れ、それに伴いオランダ東インド会社は中国や日本から磁器のカップの輸入を盛んに行いました。
    ヨーロッパの人々を魅了した東洋文化
    1690年ごろからイギリスの東インド会社も中国のお茶を直接輸入し始め、1717年には広東からの定期的な交易が始まり、絹に代わってお茶が貿易の中心となりました。また、コーヒーにおいても1710年代からイギリスの東インド会社が本格的な輸入を開始します。イギリスをはじめヨーロッパ各地に茶やコーヒー、チョコレートの需要が広がり、これらの熱い飲み物に対して、陶磁器のポットや碗は不可欠なものとなりました。
    陶磁器に対する需要の高まりは、実用面で優れていただけではありません。白い地に鮮やかで、華麗な上絵付の文様が人々の心を捉え、ヨーロッパにもたらされた陶磁器たちは宮廷では装飾としてのコレクション対象になり、宮殿の中で東洋の陶磁器や漆器、あるいは絹織物が装飾に使われました。17世紀後半から18世紀後半にかけて東インド会社はお茶の他にも様々な商品をもたらし、異国趣味に留まらない熱心な東洋文物のコレクションが人々の間でブームになりました。その結果、建築や家具、織物などに中国風のモチーフが盛んに取り入れられ、中国に対する関心と憧れは最高潮に達しました。
    陶磁器の世界でも同様でした。1710年にヨーロッパ初の磁器窯がマイセンに開かれ、その後ウィーン、ミュンヘン、ベルリン、セーヴルなど次々に磁器窯が設立された際も、当初それらの窯では、中国や日本の陶磁器を忠実に模倣しようとしており、マイセン窯や、ジノリ窯、セーヴル窯、ロイヤル・コペンハーゲン窯などのヨーロッパ諸窯でも19世紀は、シノワズリー(中国趣味)の文様が盛んに作られました。
    ヘレンドとシノワズリ
    ハンガリーの西の端の村・ヘレンドで本格的な磁器生産がはじまるのは1842年からであり、19世紀後半からのいわゆる万国博覧会の時代にあたります。1845年のウィーン産業博覧会に出品し、1848年には王室御用達ヘレンド磁器製作所を名乗ることになります。
    ヘレンド磁器の文様には「ヴィクトリア」シリーズや「ゲデレ」シリーズの様に、中国あるいは日本の雰囲気を持つものが多数あります。しかしそれらは東洋的な印象を与えるものの、東洋の作品を完全に手本としたものではありませんでした。
    例えばヘレンド磁器の最もよく知られたモチーフの1つに「ヴィクトリア」があります。この文様は1851年の第一回ロンドン万国博覧会に出品されたヘレンド磁器のモチーフであり、ヴィクトリア女王がこのディナーセットを注文したことから「ヴィクトリア」と呼ばれることになりました。
    この装飾は、牡丹文や蝶文のデザインと彩色などに清朝時代に盛んに製作された粉彩磁器や織物を連想させますが、この頃のヨーロッパでは、シノワズリーの磁器を盛んに生産していた著名な窯はその最盛期を過ぎていました。しかし、新興のヘレンド窯はかつてのシノワズリー文様を独自に再構成することによって新しいシノワズリーを作り出しました。ヨーロッパに輸入された中国陶磁や日本陶磁を模倣したシノワズリーの時代を経て、ヘレンド磁器は東洋の文様を巧みに取り入れ、洗練されたデザインの作品を数多く作り出しました。
    オリジナリティを生み出すヘレンドの創造性
    ヘレンド磁器の各種のシリーズの中で、1879年代ごろから現れてくる「西安の黄」「西安の黒」「明の宮女」「康煕」「上海」「中国の鳥」などは、その名称からも窺える通り、明らかに中国の雰囲気を持ったデザインです。しかし、それらと完全に一致するような中国陶磁は見当たらず、ヘレンドのデザイナーが創出したものです。碗などの把手のデザインに傘をかぶった中国風の人物をつけたシリーズも、ヘレンド磁器のシノワズリーを代表するものとなっています。
    インドの華」と呼ばれている文様もまた一見して東洋の文様に由来することがわかりますが、元にされたデザインはむしろ、マイセンなどヨーロッパで生産された柿右衛門スタイルの作品にあると考えられます。日本から輸出された柿右衛門はヨーロッパにおいてきわめて精密に模倣されましたが、これらの写しは次第に様式化し、ついにはヘレンド磁器のように完全に消化されたデザインとなりました。
    ヨーロッパにおいては、シノワズリーを用いたデザインの流行は19世紀半ばには下火になっていましたが、紅茶をたしなむ文化が大衆にまで広がりつつある時代、陶磁器にとっては必要なデザインの一つになっていきました。使い古されたシノワズリーではなく、新鮮な感覚のシノワズリーがヘレンドによって創造されました。ヘレンドは17世紀後半から18世紀後半に現れたシノワズリーの流行を19世紀以降も独自に発展させ続けていき、これらは現代に至るまで人気のシリーズとなっています。
    ▼ Archive of HEREND ▼
    過去のヘレンドの特集記事をご紹介します(ページ内の商品は一部完売している場合がございます)
    Luxury Selection Vol.87 ヘレンド190周年
    開窯から190年を迎えたヘレンド窯。その隆盛から衰退、そして再興までの道のりをご紹介いたします。

    Luxury Selection Vol.17 ハンガリーの隆盛とヘレンド
    19世紀中ごろ、他のヨーロッパ諸国と比べると後進国であったハンガリーにおいて、ハンガリー産業の「大使」であるヘレンドは、国際的にも高い評価を受けるようになりました。

    Luxury Selection Vol.05 フンボルトとフンボルトパターン
    ヘレンド窯において最も古くに制作されたパターンの一つ、「フンボルト」をご紹介いたします。

    Luxury Selection Vol.03 ヘレンドとロスチャイルド家
    ヘレンドで、最もポピュラーなシリーズの一つ「ロスチャイルドバード」をご紹介いたします。

    「リンク切れ、在庫切れの商品につきまして」
    掲載商品は希少品や限定商品などが含まれておりますため、在庫切れや今後入荷が困難なものがございます。予めご了承くださいませ。
    また、在庫状況や入荷予定など商品についてご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。

    ※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
    ※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    Monthly Topic: Luxury Selection BACK NUMBER

    • Luxury Selection vol.101 ヘレンドとシノワズリ
    • Luxury Selection vol.100 世界中の高品質な商品を皆さまのご家庭に
    • Luxury Selection vol.99 暮らしに根付くフィンランドデザイン
    • Luxury Selection vol.98 GEORG JENSEN
    • Luxury Selection vol.97 宝石の時計「カルティエ」
    • Luxury Selection vol.96 ミニチュア食器の世界
    • Luxury Selection vol.95 暮らしの中で輝くクリストフル
    • Luxury Selection vol.94 ジョサイア・ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.93 ヴェネチアンガラス
    • Luxury Selection vol.92 景徳鎮
    • Luxury Selection vol.91 ヨーゼフ・ホフマン
    • Luxury Selection vol.90 クラウンダービー
    • Luxury Selection vol.89 ガラスのパレット
    • Luxury Selection vol.88 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年
    • Luxury Selection vol.86 竜
    • Luxury Selection vol.85 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期
    • Luxury Selection vol.83 ストークオントレント
    • Luxury Selection vol.82 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.81 ボヘミア
    • Luxury Selection vol.80 ラリック
    • Luxury Selection vol.79 浮世絵ガラス
    • Luxury Selection vol.78 アウガルテン
    • Luxury Selection vol.77 ロイヤルコペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.76 ロイヤルアルバート
    • Luxury Selection vol.75 春意万象
    • Luxury Selection vol.74 マイセン
    • Luxury Selection vol.73 ローゼンタール
    • Luxury Selection vol.72 リモージュ
    • Luxury Selection vol.71 ノリタケ
    • Luxury Selection vol.70 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.69 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.68 現代のマイセン
    • Luxury Selection vol.67 エルメス
    • Luxury Selection vol.66 Oiva Toikka
    • Luxury Selection vol.65 バカラ創設250周年
    • Luxury Selection vol.64 食卓の芸術
    • Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓
    • Luxury Selection vol.62 ラリック
    • Luxury Selection vol.61 ナソンモレッティ
    • Luxury Selection vol.60 アラビア メモリーズ
    • Luxury Selection vol.59 マイセン
    • Luxury Selection vol.58 エルコーレ・モレッティ
    • Luxury Selection vol.57 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.56 ロイヤルクラウンダービー
    • Luxury Selection vol.55 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.54 マイセンクリスタル
    • Luxury Selection vol.53 エインズレイ
    • Luxury Selection vol.52 バラリン
    • Luxury Selection vol.51 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.50 吉祥(バカラ)
    • Luxury Selection vol.49 マイセン
    • Luxury Selection vol.48 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.47 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.46 グラシアス
    • Luxury Selection vol.45 イッタラ・アラビア
    • Luxury Selection vol.44 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.43 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.42 PK500
    • Luxury Selection vol.41 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.40 カトラリー
    • Luxury Selection vol.39 ドラゴンと龍
    • Luxury Selection vol.38 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.37 フランティシェクハラマ
    • Luxury Selection vol.36 ル・ノーブル美術館
    • Luxury Selection vol.35 バカラ デザイナー
    • Luxury Selection vol.34 星雨花宴
    • Luxury Selection vol.33 Ajka Crystal
    • Luxury Selection vol.32 たくみ切子・後編
    • Luxury Selection vol.31 たくみ切子・前編
    • Luxury Selection vol.30 ロイヤルウェディング
    • Luxury Selection vol.29 グラヴュール技法
    • Luxury Selection vol.28 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.27 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.26 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.25 ベリーク
    • Luxury Selection vol.24 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.23 有田焼
    • Luxury Selection vol.22 ギグリオ
    • Luxury Selection vol.21 アラビアンナイト
    • Luxury Selection vol.20 バカラ
    • Luxury Selection vol.19 景徳鎮・後編
    • Luxury Selection vol.18 景徳鎮・前篇
    • Luxury Selection vol.17 ヘレンド
    • Luxury Selection vol.16 マイセン
    • Luxury Selection vol.15 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.14 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.13 ガレ
    • Luxury Selection vol.12 お茶の歴史・後編
    • Luxury Selection vol.11 お茶の歴史・前篇
    • Luxury Selection vol.10 切子の世界
    • Luxury Selection vol.09 ラリック150周年
    • Luxury Selection vol.08 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.07 鷲
    • Luxury Selection vol.06 マイセン
    • Luxury Selection vol.05 ヘレンド フンボルト
    • Luxury Selection vol.04 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.03 ロスチャイルドバード
    • Luxury Selection vol.02 マイセン
    • Luxury Selection vol.01 ラリック

    戻る