▲ページトップ
直輸入販売 充実の品揃え!常時在庫30万点以上

国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料!! ご注文専用ダイヤル0120-841109
会員ページ カートを見る
  • 食器
  • キッチン&雑貨
  • ギフト
  • 特選
  • ブランド一覧
  • アイテム一覧
  • 特集一覧
  • セール
  • コンシェルジュ
  • 検索   さらに絞り込む
    • facebook
    • twitter
    • youtube
    HOME > 特選 >

    Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期

    国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料 0120-841109

     
    Luxury Selection
    バックナンバー

    逸品バックナンバー

    今週限りのお買い得品
    今週限りの特価品を見る
    特集一覧
    特集一覧を見る

    期間限定セール

    スペシャル企画

    定期更新

    ピックアップ アイテム

    その他のおススメ
     
    ヨーロッパの磁器の歴史は、そのままマイセンの歴史と言っても過言ではありません。
    17世紀、東インド会社を通してもたらされた中国や日本の美しい磁器は、当時の王侯貴族たちを魅了しました。この透き通るような白い磁器をなんとか自国で生産できないものか?陶磁器製作の秘密を巡り、ヨーロッパ各国では試行錯誤を繰り返していました。
    中世のヨーロッパでは、錬金術師が跳梁跋扈していました。
    彼らの目的はそこらへんにあるなんでもない物質より、金塊やら、不老長寿の薬やら、ともかく金になる値打ちのあるものを作り出し大儲けすることにありました。中には純粋に科学的好奇心を持って研究している者もいたと思われますが、多くの錬金術師は明らかに詐欺師でした。黄金を作るためには資金は欠かせないという理由で、資金を提供してくれるスポンサーを探すことが彼らの最大の目的でした。
    ヨーロッパ初の白色磁器を開発したベドガーも、チンキ剤を黄金に変えるという怪しげな触れ込みで自分自身を売り込んでいた錬金術師でした。
    1682年に生を受けたベドガーは少年の頃にベルリンで錬金術を学び、そしてその当時ベルリンを支配していたプロイセンのフリードリヒ王に売りこみに行きますがあえなく失敗します。その後、彼は金へのこだわりを捨て、同じくらい高い価値を持っていた良質の白い磁器を作ると、ザクセンのアウグスト強王に申し入れ、王に雇われました。雇われるとは言っても、ベドガーは逮捕連行という形でドレスデンに連れてこられているので、かなり胡散臭い人物であったことは間違いないようです。
    しかしながら、彼は並みの錬金術師ではありませんでした。王は開発情報の漏えいを防ぐため、ベドガーを城塞に幽閉します。若いベドガーにとっては、不満のたまる処置であったと思われますが、研究の環境としては最適であったようです。1707年11月に彼は最初の手掛かりとなるТ錣寮什遒棒功します。ですが、これは白には程遠い赤黒いものでした。
    さらに実験が続いた1710年の1月15日、彼は遂に透き通る白い磁器を窯から取り出すことに成功しました。その8日後の1月23日には王の布告により、ドレスデンに磁器工房が設立されます。また同年の6月6日にはその工房はマイセンのアルブレヒト城に移されました。
    ヨーロッパ初の白色磁器を開発できたことにより間違いなくアウグスト強王の財政は潤い、マイセンは名窯として輝かしい歴史をはじめることとなります。しかし、その白色磁器を創りだした錬金術師が幸せな人生を送れたかというと、そうでもありませんでした。アウグスト強王は、ヨーロッパ初の白色磁器完成の秘密を独占するためにベドガーを城に軟禁しました。ベドガーは自由を奪われ、アルコールにおぼれ、失意の上に37歳の若さでこの世を去ったのです。
    ≪ ベットガーセッ器 ≫

    ベドガーが白磁焼成に成功する前に作っていた焼き物は赤茶色をしていました。
    鉄を含んだ茶褐色のの土で作られており、白磁焼成の成功以降、作られなくなっていましたが、
    20世紀になると彫塑に適した特性が見直され、再び作品が作られるようになりました。
    ベドガーの不幸と引き換えに、マイセン窯の技術はさらに向上し、名窯としての地位は高まる一方でした。
    1720年、ウィーンから招かれた絵付師ヨハン・グレゴリウス・ヘロルトによってマイセン窯の名声は不動のものとなります。
    17世紀以降、東インド会社の活動が盛んであった時代、ヨーロッパ各国の王侯貴族は、清澄な染付や鮮やかな柿右衛門の中国や日本の磁器をこぞって蒐集しており、それはシノワズリという中国趣味の様式を生み出しましたが、ヘロルトはそれをいち早くとりいれ、流行の波に乗りました。当時良く作られていた菊や牡丹などの東洋のモチーフを使った「インドの花」シリーズは、今でも人気があります。
    ≪ インドの華 ≫
    「インドの華」は、カラーも多彩で、
    絶大な人気を得ているマイセンの定番シリーズです。
    ≪ 色絵黄獅子文 ≫
    日本の柿右衛門式の「竹虎図」を模した絵柄です。
    1730年ごろに盛んに作られたもので、
    当初は宮廷以外に使用を禁じられ珍重されていました。
    シノワズリの時代を経て、次にマイセン窯の第2の作風を作り上げたのが、ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーです。
    宮廷彫刻師であったケンドラーは、主任塑像師として迎えられ、磁器の像(フィギュリン)を作り始めます。本物さながらの動物や、流麗なロココ調の人形は焼き物としての技術の高さからも称賛を浴びることになりました。
    ≪ スワンサービス ≫

    1737年から1741年にかけて、ザクセンの財務大臣であったブリュール伯爵の注文で作られました。
    ブリュールという名前が湿地に由来することから水がテーマになっており、
    スワン、魚、かたつむりなどが立体的に表現されています。
    ≪ ジョッキを掲げるアルルカン ≫
    イタリア喜劇はマイセンの初期から良く作られたモチーフでした。
    17〜18世紀のドイツにおいてイタリア喜劇団は人気が高く、
    アウグスト強王や従弟のアドルフ2世も大変いれあげており、
    マイセンの造形家たちはこのモチーフを好んでとりあげました。
    ≪ 猿の楽隊 コンダクター ≫
    アウグスト強王のお抱えの楽士たちの
    下手な演奏を揶揄したものといわれることもありますが
    当時の風刺画に猿を擬人化したものが多いことから
    1つの流行の表現であったと思われます。
    ヨーロッパ最高の磁器と称されるマイセンの創成期を作った若き3人の天才たち。
    彼らの作品は現代でも人気のコレクションとして作られ続けています。
             
    ≪ これまでのマイセン特集一覧 ≫

    「リンク切れ、在庫切れの商品につきまして」
    掲載商品は希少品や限定商品などが含まれておりますため、在庫切れや今後入荷が困難なものがございます。予めご了承くださいませ。
    また、在庫状況や入荷予定など商品についてご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。

    ※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
    ※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    Monthly Topic: Luxury Selection BACK NUMBER

    • Luxury Selection vol.98 GEORG JENSEN
    • Luxury Selection vol.97 宝石の時計「カルティエ」
    • Luxury Selection vol.96 ミニチュア食器の世界
    • Luxury Selection vol.95 暮らしの中で輝くクリストフル
    • Luxury Selection vol.94 ジョサイア・ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.93 ヴェネチアンガラス
    • Luxury Selection vol.92 景徳鎮
    • Luxury Selection vol.91 ヨーゼフ・ホフマン
    • Luxury Selection vol.90 クラウンダービー
    • Luxury Selection vol.89 ガラスのパレット
    • Luxury Selection vol.88 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年
    • Luxury Selection vol.86 竜
    • Luxury Selection vol.85 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期
    • Luxury Selection vol.83 ストークオントレント
    • Luxury Selection vol.82 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.81 ボヘミア
    • Luxury Selection vol.80 ラリック
    • Luxury Selection vol.79 浮世絵ガラス
    • Luxury Selection vol.78 アウガルテン
    • Luxury Selection vol.77 ロイヤルコペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.76 ロイヤルアルバート
    • Luxury Selection vol.75 春意万象
    • Luxury Selection vol.74 マイセン
    • Luxury Selection vol.73 ローゼンタール
    • Luxury Selection vol.72 リモージュ
    • Luxury Selection vol.71 ノリタケ
    • Luxury Selection vol.70 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.69 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.68 現代のマイセン
    • Luxury Selection vol.67 エルメス
    • Luxury Selection vol.66 Oiva Toikka
    • Luxury Selection vol.65 バカラ創設250周年
    • Luxury Selection vol.64 食卓の芸術
    • Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓
    • Luxury Selection vol.62 ラリック
    • Luxury Selection vol.61 ナソンモレッティ
    • Luxury Selection vol.60 アラビア メモリーズ
    • Luxury Selection vol.59 マイセン
    • Luxury Selection vol.58 エルコーレ・モレッティ
    • Luxury Selection vol.57 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.56 ロイヤルクラウンダービー
    • Luxury Selection vol.55 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.54 マイセンクリスタル
    • Luxury Selection vol.53 エインズレイ
    • Luxury Selection vol.52 バラリン
    • Luxury Selection vol.51 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.50 吉祥(バカラ)
    • Luxury Selection vol.49 マイセン
    • Luxury Selection vol.48 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.47 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.46 グラシアス
    • Luxury Selection vol.45 イッタラ・アラビア
    • Luxury Selection vol.44 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.43 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.42 PK500
    • Luxury Selection vol.41 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.40 カトラリー
    • Luxury Selection vol.39 ドラゴンと龍
    • Luxury Selection vol.38 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.37 フランティシェクハラマ
    • Luxury Selection vol.36 ル・ノーブル美術館
    • Luxury Selection vol.35 バカラ デザイナー
    • Luxury Selection vol.34 星雨花宴
    • Luxury Selection vol.33 Ajka Crystal
    • Luxury Selection vol.32 たくみ切子・後編
    • Luxury Selection vol.31 たくみ切子・前編
    • Luxury Selection vol.30 ロイヤルウェディング
    • Luxury Selection vol.29 グラヴュール技法
    • Luxury Selection vol.28 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.27 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.26 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.25 ベリーク
    • Luxury Selection vol.24 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.23 有田焼
    • Luxury Selection vol.22 ギグリオ
    • Luxury Selection vol.21 アラビアンナイト
    • Luxury Selection vol.20 バカラ
    • Luxury Selection vol.19 景徳鎮・後編
    • Luxury Selection vol.18 景徳鎮・前篇
    • Luxury Selection vol.17 ヘレンド
    • Luxury Selection vol.16 マイセン
    • Luxury Selection vol.15 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.14 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.13 ガレ
    • Luxury Selection vol.12 お茶の歴史・後編
    • Luxury Selection vol.11 お茶の歴史・前篇
    • Luxury Selection vol.10 切子の世界
    • Luxury Selection vol.09 ラリック150周年
    • Luxury Selection vol.08 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.07 鷲
    • Luxury Selection vol.06 マイセン
    • Luxury Selection vol.05 ヘレンド フンボルト
    • Luxury Selection vol.04 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.03 ロスチャイルドバード
    • Luxury Selection vol.02 マイセン
    • Luxury Selection vol.01 ラリック

    戻る