▲ページトップ
直輸入販売 充実の品揃え!常時在庫30万点以上

国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料!! ご注文専用ダイヤル0120-841109
会員ページ カートを見る
  • 食器
  • キッチン&雑貨
  • ギフト
  • 特選
  • ブランド一覧
  • アイテム一覧
  • 特集一覧
  • セール
  • コンシェルジュ
  • 検索   さらに絞り込む
    • facebook
    • twitter
    • youtube
    HOME > 特選 >

    Luxury Selection vol.99 暮らしに根付くフィンランドデザイン

    国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料 0120-841109

     
    Luxury Selection
    バックナンバー

    逸品バックナンバー

    今週限りのお買い得品
    今週限りの特価品を見る
    特集一覧
    特集一覧を見る

    期間限定セール

    スペシャル企画

    定期更新

    ピックアップ アイテム

    その他のおススメ
     
    北欧的であり続けるという選択
    現在のフィンランドの土地は、歴史的には19世紀初めまでスウェーデンの一地方でした。1809年、ナポレオン戦争の最中にスウェーデンがロシアに敗北すると、ロシア皇帝アレクサンドル1世はフィンランド大公国を建設し、自らがフィンランド大公を兼任することになりました。ロシア帝国内の中でありましたが、この時はじめてフィンランドは「国家」になります。その時、この地において支配者側にあったスウェーデン語住民の中から、独特なナショナリズムが生まれてきました。
    それは、将来起こるロシア化に対抗するには、エリートと一般大衆の乖離を避ける必要があり、その為に言語をエリート側のスウェーデン語から大衆側のフィンランド語に代えていくべきだというものでした。ロシア化されずに「北欧的」であり続けるという選択が、「自分自身」であり続けるという認識の上にたって、フィンランドでは積極的に「北欧」が選択されました。その後、19世紀末から1917年の独立までの、自治を侵害するロシアからの抑圧が激しくなった時代に、さらにフィンランドとしてのナショナリズムが鍛えられました。第2次世界大戦において2度にわたってソ連との戦いを余儀なくされ敗戦はしたものの、占領は免れフィンランドは民族および国家としての独立を守り通しました。
    フィンランドとガラスの歴史
    フィンランドにおけるガラスの歴史は他国に比べると遅く、始まりはスウェーデン領時代の1748年に遡ります。当時既にスウェーデンではガラスの生産が始まっており、燃料となる木材を求め、森林資源に恵まれたフィンランドに工場を作りました。その後次第に現在のフィンランドがスウェーデンのガラス生産の半分を担うようになります。フィンランドでは主に薬やお酒を入れるガラス瓶を作っていましたが、19世紀初頭にロシアに併合されると多くの市場を失い、次に生産が活発になるのは、独立を遂げる1917年を過ぎてからでした。
    1937年のパリ万博ですでに建築家として有名になっていたアルヴァ・アアルトは、自身の設計したパヴィリオンにベース「アアルト」を展示し、世界的に高い評価を受けます。これらをきっかけにフィンランドでは、もはや私たちのガラスは、スウェーデンのガラスではないという自国意識が芽生え始めました。その後、第2次世界大戦後に材料不足に陥り50年代初頭までガラス生産は一時停滞しますが、それでもデンマークの家具やスウェーデンの陶器など、他の北欧諸国のデザインとともに“北欧デザイン”という名のもとにフィンランドのガラスはそのコンセプトを体現する役割を担い始めるのです。
    建築や家具などのほかのデザインと同様に、50年代はフィンランドのガラスにとっても、黄金期にあります。ごく一般的な家庭で毎日使うものにこそ、機能性だけでなく美しさが必要だという考えも浸透し始めます。さまざまなデザインが生まれ、国際的なコンペでフィンランドの作品が多数入賞し、フィンランドガラスがひとつのブランドとして国際的に認知されるまでになっていきます。この時期を代表するデザイナーには、カイ・フランク、ティモ・サルパネヴァ、タピオ・ヴィルカラらがいますが、面白いのはこの人たちが皆ガラスデザインの正式な教育を受けていないことです。カイ・フランクは家具デザイナー、タピオ・ヴィルカラは彫刻家、ティモ・サルパネヴァはグラフィックデザイナーでした。
    毎日使える自由なうつわ
    ガラスデザインの教育を受けた者が、デザイナーとして台頭するには60年代まで待たなければなりません。カイ・フランクが自ら教鞭をとっていた美術大学で、陶芸科の学生たちにガラス実習を受けさせるようになって以降です。初期の学生にはオイヴァ・トイッカ、ヘイッキ・オルヴォラなどの後にイッタラで活躍するデザイナーたちがいます。
    教育の整備だけでなく、カイ・フランクのフィンランドにおける功績は計り知れません。カイ・フランクはアラビアでも多くのデザインを残しましたが、戦後の市民生活の混乱から、福祉国家を目指していく過程において「ディナーセットを粉砕せよ」というスローガンのもと、自由な組み合わせにより、食卓での用途を網羅するシリーズ食器として「ティーマ」(発表当時のシリーズ名はキルタ)を作りました。食べる、飲むだけでなく、調理や保存、片づけにおいても使い勝手を重視したシリーズで、その形をガラスで引き継いだ「カルティオ」とともにフィンランドの食器棚の定番となっています。これらは現在も時代に合わせ、食器洗浄機に耐えられるよう改良を施すなど、当初の理念を受け継ぎながら、生産され続けています。

    Aino Aalto
    / アイノ・アアルト
    建築家アルヴァ・アアルトの妻であり、自らも建築家、デザイナーであったアイノ・アアルト。同心円状の凹凸がつき、持った時に滑りにくいグラスは、ミラノ・トリエンナーレで金賞を受賞しました。

    Kaj Franck
    / カイ・フランク
    アラビアとヌータヤルヴィのアートディレクターを兼任し、無駄をそぎ落とし、だれもが使えるデザインを多く残しました。社会へもたらした功績から、「フィンランドの良心」と称されています。

    Heikki Orvola
    / ヘイッキ・オルヴォラ
    ヘイッキ・オルヴォラの最も多産な経歴は60年代後半に始まり、ガラスや陶器、エナメル、鉄などさまざまな材料で働きました。2002年にフィンランド大統領は、デザインにおける彼の業績をたたえ、名誉教授の称号が与えられました。

    Timo Sarpaneva
    / ティモ・サルパネヴァ
    1950年、イッタラに入社。
    1956年に発表したiシリーズという名の日用器シリーズのマークが現在のイッタラのロゴとなっています。

    Oiva Toikka
    / オイヴァ・トイッカ
    1956年にアラビアのアート部門に入社します。新技術によりデザインの可能性を広げ、同時にそれがデザイン上の特徴にもなっていきます。カステヘルミは成型のつなぎ目を目立たなくして、量産出来るようデザインされたものでした。

    Tapio Wirkkala
    / タピオ・ヴィルカラ
    ガラスだけでなく、木工家具やお札などのグラフィックも手掛けています。彼がデザインしたウォッカ「フィンランディア」のボトルとも通づる氷のようなグラス「ウルティマ ツーレ」は“極北の地”を意味しています。

    ▼ Archive of IITTALA & ARABIA▼
    過去のイッタラ&アラビアの特集記事をご紹介します(ページ内の商品は一部完売している場合がございます)
    Luxury Selection Vol.66 Oiva Toikka
    フィンランドのガラスアーティストの中で最も偉大な一人、オイバ・トイッカをご紹介します。

    Luxury Selection Vol.60 ARABIA MEMORIES
    創業140周年を迎えたアラビアがの歴史の中で、最も有名なアーティストたちによりデザインされたコレクションを復刻した「アラビア メモリーズ」をご紹介します。

    Luxury Selection Vol.45 引き継がれるデザイン
    日常生活のための美」という理念を追求し続けるブランド、アラビアとそのデザイナーによる作品の数々をご紹介します。

    「リンク切れ、在庫切れの商品につきまして」
    掲載商品は希少品や限定商品などが含まれておりますため、在庫切れや今後入荷が困難なものがございます。予めご了承くださいませ。
    また、在庫状況や入荷予定など商品についてご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。

    ※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
    ※当ページの商品は実店舗とは価格が異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    Monthly Topic: Luxury Selection BACK NUMBER

    • Luxury Selection vol.99 暮らしに根付くフィンランドデザイン
    • Luxury Selection vol.98 GEORG JENSEN
    • Luxury Selection vol.97 宝石の時計「カルティエ」
    • Luxury Selection vol.96 ミニチュア食器の世界
    • Luxury Selection vol.95 暮らしの中で輝くクリストフル
    • Luxury Selection vol.94 ジョサイア・ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.93 ヴェネチアンガラス
    • Luxury Selection vol.92 景徳鎮
    • Luxury Selection vol.91 ヨーゼフ・ホフマン
    • Luxury Selection vol.90 クラウンダービー
    • Luxury Selection vol.89 ガラスのパレット
    • Luxury Selection vol.88 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年
    • Luxury Selection vol.86 竜
    • Luxury Selection vol.85 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期
    • Luxury Selection vol.83 ストークオントレント
    • Luxury Selection vol.82 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.81 ボヘミア
    • Luxury Selection vol.80 ラリック
    • Luxury Selection vol.79 浮世絵ガラス
    • Luxury Selection vol.78 アウガルテン
    • Luxury Selection vol.77 ロイヤルコペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.76 ロイヤルアルバート
    • Luxury Selection vol.75 春意万象
    • Luxury Selection vol.74 マイセン
    • Luxury Selection vol.73 ローゼンタール
    • Luxury Selection vol.72 リモージュ
    • Luxury Selection vol.71 ノリタケ
    • Luxury Selection vol.70 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.69 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.68 現代のマイセン
    • Luxury Selection vol.67 エルメス
    • Luxury Selection vol.66 Oiva Toikka
    • Luxury Selection vol.65 バカラ創設250周年
    • Luxury Selection vol.64 食卓の芸術
    • Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓
    • Luxury Selection vol.62 ラリック
    • Luxury Selection vol.61 ナソンモレッティ
    • Luxury Selection vol.60 アラビア メモリーズ
    • Luxury Selection vol.59 マイセン
    • Luxury Selection vol.58 エルコーレ・モレッティ
    • Luxury Selection vol.57 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.56 ロイヤルクラウンダービー
    • Luxury Selection vol.55 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.54 マイセンクリスタル
    • Luxury Selection vol.53 エインズレイ
    • Luxury Selection vol.52 バラリン
    • Luxury Selection vol.51 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.50 吉祥(バカラ)
    • Luxury Selection vol.49 マイセン
    • Luxury Selection vol.48 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.47 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.46 グラシアス
    • Luxury Selection vol.45 イッタラ・アラビア
    • Luxury Selection vol.44 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.43 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.42 PK500
    • Luxury Selection vol.41 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.40 カトラリー
    • Luxury Selection vol.39 ドラゴンと龍
    • Luxury Selection vol.38 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.37 フランティシェクハラマ
    • Luxury Selection vol.36 ル・ノーブル美術館
    • Luxury Selection vol.35 バカラ デザイナー
    • Luxury Selection vol.34 星雨花宴
    • Luxury Selection vol.33 Ajka Crystal
    • Luxury Selection vol.32 たくみ切子・後編
    • Luxury Selection vol.31 たくみ切子・前編
    • Luxury Selection vol.30 ロイヤルウェディング
    • Luxury Selection vol.29 グラヴュール技法
    • Luxury Selection vol.28 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.27 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.26 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.25 ベリーク
    • Luxury Selection vol.24 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.23 有田焼
    • Luxury Selection vol.22 ギグリオ
    • Luxury Selection vol.21 アラビアンナイト
    • Luxury Selection vol.20 バカラ
    • Luxury Selection vol.19 景徳鎮・後編
    • Luxury Selection vol.18 景徳鎮・前篇
    • Luxury Selection vol.17 ヘレンド
    • Luxury Selection vol.16 マイセン
    • Luxury Selection vol.15 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.14 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.13 ガレ
    • Luxury Selection vol.12 お茶の歴史・後編
    • Luxury Selection vol.11 お茶の歴史・前篇
    • Luxury Selection vol.10 切子の世界
    • Luxury Selection vol.09 ラリック150周年
    • Luxury Selection vol.08 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.07 鷲
    • Luxury Selection vol.06 マイセン
    • Luxury Selection vol.05 ヘレンド フンボルト
    • Luxury Selection vol.04 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.03 ロスチャイルドバード
    • Luxury Selection vol.02 マイセン
    • Luxury Selection vol.01 ラリック

    戻る