• [人気キーワード]
  • もっとみる
    • [人気キーワードTOP15]
ショッピングガイド
はじめてのお客様へ
ご利用ガイド
品質とサービス
コンシェルジュに相談
FAXでのご注文

アイテムを指定する

戻る

ブランドを指定する

シリーズを指定する

詳細検索

検索

雑貨その他

GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子 S-103-001 サクラサク

  • ゆうパケット
  • 文字入れ可
  • ラッピング可
  • 廃盤品
  • 日本未入荷
  • レアもの
  • 在庫品限り
商品番号099010103001
商品名GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子 S-103-001 サクラサク
ブランド名雑貨その他
シリーズ名GLASS-LAB グラス・ラボ -江東ブランド認定-
オプション
  • ラッピングラッピング
  • 文字入れ可文字入れ可
サイズ直径7×高さ6cm 箱縦9×横9×奥行き7cm
ル・ノーブル価格 税込 12,100 円
在庫状況残りわずか

在庫状況について

数量:
返品・交換について

お酒を入れると桜が舞う、まるで“万華鏡”のような魔法のグラス。

【江戸切子 砂切子 サクラサク】は、水を入れることで屈折率が変わり、グラス底面に彫刻した桜模様が側面に映りこむ、まるで“万華鏡”のような魔法のグラスです。

グラスの生地には、ライトブルーのグラスにピンクがコーティングされた【特注】の2重構造のグラス“被せ硝子”が使われております。
そしてその“被せ硝子”に底面には桜を彫刻、側面には一定の角度で平切子が施されました。

“砂切子”とは、江戸切子の技法“平切子”と“サンドブラスト”を掛け合わせた新しいガラスの表現方法です。
日本の伝統的工芸品に指定されている江戸硝子のの一種である「平切子」。
通常はグラスの口磨きや皿の底面を平らにする技術ですが、線で描く江戸切子と違いグラス等に転用することで様々な仕掛け切子を作ることができます。
また、砂をコンプレッサーの圧縮した空気で放射する「サンドブラスト」は、0.15mmという極めて細かい彫刻も可能で、両者の技術を組み合わせることで江戸切子の新たな可能性にGLASS-LAB(グラス-ラボ) 株式会社は挑戦し続けています。

◆この商品も江戸切子!?◆
江戸切子の技法のひとつ“平切子”で側面を磨いているので、こちらのグラスもれっきとした江戸切子です。


素敵なカフェや雑貨屋さんも多くおしゃれな下町として注目されている、東京都 江東区 清澄白河(きよすみしらかわ)に、“平切子”と呼ばれるガラス加工をメインに、割れたガラスの修復など、あらゆるガラス加工やアートを施す1950年創業の 〜 伝統ガラス工房 椎名硝子 〜。

そして、椎名硝子工房で加工するグラスに、大切な人への思いを込めたメッセージを刻む“カスタマイズグラス”を製作するのが“椎名硝子”の流れを汲む 〜 GLASS-LAB(グラス-ラボ) 〜 株式会社。

※椎名硝子及びGLASS-LABは江東区の認定する「江東ブランド」に認定されております。
「江東ブランド」とは、時代の激しい動きの中で、優れた製品(部品含む)技術により革新的に事業展開の道を切り開いている企業を江東ブランドとして認定し、さまざまなPR活動を通じて、直接の取引先のみならず一般の消費者やバイヤー等にも広く認知してもらうとともに、企業と江東区がともにイメージアップを図ることを目的としています。
GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
    GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子S-103-001 サクラサク
  • ブランドについて

    商品詳細

    商品番号 099010103001
    商品説明 【江戸切子 砂切子 サクラサク】は、水を入れることで屈折率が変わり、グラス底面に彫刻した桜模様が側面に映りこむ、まるで“万華鏡”のような魔法のグラスです。

    グラスの生地には、ライトブルーのグラスにピンクがコーティングされた【特注】の2重構造のグラス“被せ硝子”が使われております。
    そしてその“被せ硝子”に底面には桜を彫刻、側面には一定の角度で平切子が施されました。

    “砂切子”とは、江戸切子の技法“平切子”と“サンドブラスト”を掛け合わせた新しいガラスの表現方法です。
    日本の伝統的工芸品に指定されている江戸硝子のの一種である「平切子」。
    通常はグラスの口磨きや皿の底面を平らにする技術ですが、線で描く江戸切子と違いグラス等に転用することで様々な仕掛け切子を作ることができます。
    また、砂をコンプレッサーの圧縮した空気で放射する「サンドブラスト」は、0.15mmという極めて細かい彫刻も可能で、両者の技術を組み合わせることで江戸切子の新たな可能性にGLASS-LAB(グラス-ラボ) 株式会社は挑戦し続けています。

    ◆この商品も江戸切子!?◆
    江戸切子の技法のひとつ“平切子”で側面を磨いているので、こちらのグラスもれっきとした江戸切子です。


    素敵なカフェや雑貨屋さんも多くおしゃれな下町として注目されている、東京都 江東区 清澄白河(きよすみしらかわ)に、“平切子”と呼ばれるガラス加工をメインに、割れたガラスの修復など、あらゆるガラス加工やアートを施す1950年創業の 〜 伝統ガラス工房 椎名硝子 〜。

    そして、椎名硝子工房で加工するグラスに、大切な人への思いを込めたメッセージを刻む“カスタマイズグラス”を製作するのが“椎名硝子”の流れを汲む 〜 GLASS-LAB(グラス-ラボ) 〜 株式会社。

    ※椎名硝子及びGLASS-LABは江東区の認定する「江東ブランド」に認定されております。
    「江東ブランド」とは、時代の激しい動きの中で、優れた製品(部品含む)技術により革新的に事業展開の道を切り開いている企業を江東ブランドとして認定し、さまざまなPR活動を通じて、直接の取引先のみならず一般の消費者やバイヤー等にも広く認知してもらうとともに、企業と江東区がともにイメージアップを図ることを目的としています。
    ラッピング
    文字入れ
    • 電子レンジ可電子レンジ可
    • オーブン可オーブン可
    • 直火可直火可
    • 食洗機可食洗機可
    ピンク(桃)
    花/植物/フルーツ
    カテゴリー
    食器 > グラス・タンブラー > ロックグラス(焼酎・ウィスキー)
    特集
    注意事項
    ☆お気に入りに追加する
    商品名 GLASS-LAB グラス・ラボ 江戸切子 砂切子 S-103-001 サクラサク
    ブランド名 雑貨その他
    シリーズ名GLASS-LAB グラス・ラボ -江東ブランド認定-
    オプション
    • ラッピングラッピング
    • 文字入れ可文字入れ可
    サイズ 直径7×高さ6cm 箱縦9×横9×奥行き7cm
    ル・ノーブル価格 税込 12,100 円
    在庫状況残りわずか

    在庫状況について

    数量:
    返品・交換について

    この商品をチェックした人は、こんな商品もチェックしています

    GLASS-LAB グラス・ラボ -江東ブランド認定- にはこのような商品もございます

    戻る
    pagetop pagetop