PCサイト

若狭塗箸 京西陣 御陵
23cm 12052-4

若狭塗箸 京西陣 御陵23cm 12052-4
若狭塗箸 京西陣 御陵 23cm 12052-4_2
若狭塗箸 京西陣 御陵 23cm 12052-4_3
若狭塗箸 京西陣 御陵 23cm 12052-4_4

商品No
901005001105

ブランド
若狭塗

シリーズ
デザイン箸

ル・ノーブル価格
税込 1,404

在庫
残りわずか

数量




海外発送/国際配送サービスの転送コム
ホワイトデー チョコレートプレゼント クーポン
送料無料
期間限定セール終了間近商品一覧

商品の詳細

サイズ
23cm


廃盤品

商品説明

1200年以上もの京の歴史に育まれた、日本を代表する高級絹織物「西陣織」。先染めした糸を使い、手仕事で細やかな模様を織り出す「紋織物」として、帯や着物はもちろん、ネクタイや洋服地などで幅広く用いられています。
その伝統の技や美をお箸に生かしたのがこのアイテム。きらびやかな糸使いと精緻な技が光る一品です。箸先はうるし加工となっています。
「西陣織の由来」
西陣(nishijin)の地名と「西陣織」の名は、応仁の乱(1467年~1477年)の頃、西軍の大将、山名宋全が西に陣を置いたことに由来します。
「材質」
・木の種類:鉄木
・表面塗装の種類:ポリエステル
・中塗装の種類:うるし
「漆箸のお手入れ方法」
長くお使いいただくために次のことにご注意ください。
※ご使用後は、水や洗剤へのつけ置きは避け、汚れは中性洗剤とやわらかいスポンジを使って落とし、湯または水ですすいだ後、やわらかい布で拭いてください。
※食器洗い乾燥機、電子レンジなどの機器や、たわし、磨き粉など表面を傷つけるものは使用しないでください。
若狭塗とは、江戸時代の初めに若狭湾のそばに位置していた小浜藩の漆塗りの職人が、中国の漆芸を模倣して製作したのが始まりと言われています。漆を何層にも塗り重ね、丹念に磨き上げる伝統の若狭塗は、芸術品とも言える美しい仕上がりです。漆独特の深みのある艶、そして雅な雰囲気をお楽しみください。
現在、若狭では塗り箸の全国生産量の約80%以上を占めており、昭和53年、国の伝統工芸に指定されました。
※天然木が使用されている商品は、木目や節、色の出方に必ず個体差がございます。2つとして同じものがないことが天然素材製品の特徴であり、面白みでもあります。そういった天然木の個性や風合いを楽しんでいただきたく思います。

この商品をチェックした人は
こんな商品もチェックしています

この商品に関連するカテゴリ


ル・ノーブル公式SNS
  • facebook
  • instagram
  • weibo
  • twitter
  • tablelabo
  • blog

メニュー