直輸入販売 充実の品揃え!常時在庫30万点以上

国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料!! ご注文専用ダイヤル0120-841109
会員ページ カートを見る
  • 食器
  • キッチン&雑貨
  • ギフト
  • 特選
  • ブランド一覧
  • アイテム一覧
  • 特集一覧
  • セール
  • コンシェルジュ
  • 検索   さらに絞り込む
    • facebook
    • twitter
    • youtube
    • tablelabo
    HOME > 特選 > Luxury Selection Vol.47 リチャード・ジノリの温故知新〜Dal antico al nuovo〜
    国内送料540円均一。21,600円以上ご購入で送料無料 0120-841109

     
    Luxury Selection
    バックナンバー

    逸品バックナンバー

    今週限りのお買い得品
    今週限りの特価品を見る
    特集一覧
    特集一覧を見る

    期間限定セール

    スペシャル企画

    定期更新

    ピックアップ アイテム

    その他のおススメ
     
    孔子が師となる条件として、先人の思想や学問を研究するようにと述べたように、洋食器の世界でも遠い昔に生まれたシェイプを研究することで、新たなデザインを作りだしています。
    イタリア語で『古い』を意味する“ベッキオ”は、リチャード・ジノリ社最古のシェイプにも関わらず今でも最も人気が高く、また毎年のように新しいアレンジが生まれ続ける、まさに「温故知新」のシェイプです。
    Luxury Selection vol.47では、1735年より続く名窯リチャード・ジノリ社の人気4シェイプとそれらを用いた代表的なシリーズをご紹介します。
    ベッキオシェイプについて

    1740年に初めて製造されたベッキオ・ホワイトは、リチャード・ジノリのアイコンであり、ブランドネームともいうべきシリーズです。
    縁飾りの「編みバスケット」の模様は“サクソン・スタイル”として知られており、優雅で崇高な美しさを感じさせます。
    ベッキオ・ホワイトはイタリア共和国大統領や、アリタリア航空のビジネスクラス内など、イタリアを代表する名だたる場所で使用されています。
    また映画「プリティ・ウーマン」内でも使用されたことで知られています。

    マルガリータ エルバ

    ヨーロッパスタイルのブーケ(花束)は、
    1750年の創業時よりドッチア工場で使われたモチーフでした。
    1400度の高温に耐えられる色の一つであるブルーは
    アンダーグレーズ(下絵付け)で描かれ、
    最後に24金で縁が仕上げられます。

    小さな多色の花束がプレートの端に施され、
    金の糸が縁を彩る上品なエルバは、1968年に初めて作られました。
    春をイメージするモチーフからヒントを得て作られ、
    新しいコレクションでありながら
    クラシカルなエレガントさを持っています。

    レッドコック ローズブルー

    雄鶏はリチャード・ジノリの中で最も代表的なパターンです。
    元々はそのデザインの面白さからモチーフに選ばれましたが、
    東洋では悪霊除けのシンボルとして重宝されています。
    1740年頃にドッチア工場で活躍していたペインター、
    フェルディナンド・カンポストリーニにより原案が作られたとされています。
    当初はコバルトブルーのアンダーグレーズで作られていましたが、
    後に現在の上絵付けの赤と金の装飾になりました。

    19世紀のイギリスのテキスタイルデザイナー、
    アーサー・サンダーソンの“ピンクのブドウ枝”柄の影響を受け
    1975年に生まれました。
    1400度の温度に耐えるコバルトブルーを使い
    アンダーグレーズ(下絵付け)で描かれているのが特徴です。
    バラと小さな花枝が可憐なこのシリーズは
    シンプルでエレガントなテーブルに良く合います。

    アンティコシェイプについて

    1745年に製造されたアンティコホワイトは、後期バロックスタイルのフィレンツェ職人による銀食器を思わせる魅力的なカーブを持ち、
    ベーシックなシェイプにも関わらず、現代のライフスタイルにも広く受け入れられています。
    洗練されたデザインながらも、仰々しくないこのシリーズは、王室だけでなく、一流ホテルにも選ばれてきました。

    イタリアンフルーツ プリンセスローズ

    リチャード・ジノリの伝統的なパターンであるイタリアンフルーツは、
    1770年ごろドッチア工場に招へいされたペインターによって
    初めて作られたと考えられています。
    ペインターの筆使いにより
    夏の野に咲く花や果物の様子が生き生きと描かれています。

    青い帯の縁取りにローズパターンと金彩のプリンセスローズは、
    1780年頃の在庫の中から発見されました。青色は、
    ティリアンパープルと呼ばれるもので、
    陶磁器に使われる色の中では最も高貴な色とされています。
    当初は2〜3個の紫のバラと少しの金色の装飾があるだけでしたが、
    時が経ちバラの数が増え、今のような形に変化しました。

    アンティックローズ グランデューカ

    フェミニンで繊細なパターンは、1770年頃に作られました。
    フィレンツェのピッティ宮殿のコレクションや、
    13世紀より続く名家コルシーニ家のコレクションに見られるように
    昔から愛され続けているモチーフです。
    フランスや陶芸で有名なファエンツェの影響が見て取れますが、
    独特の筆使いのテクニックのためドッチア工場でのみ生産されました。

    1750年頃、日本や中国の着物の柄に魅せられた
    フィレンツェの貴族の女性のために作られました。
    しかし当初その装飾は「韓国風」(Coreana)と呼ばれていました。
    メインに用いられた花は芍薬で、
    アジアの国々のシンボルとも言える花は3月を表します。
    禅のライフスタイルにピッタリで異国情緒を漂わせています。

    インペロシェイプについて

    1790年ごろに初めて作られたインペロホワイトは、精密で単純なシリンダー(円筒)型で、
    1700年代後半の新古典主義のスタイルを彷彿とさせます。
    厳密で正確な独特の優雅さを持っており、
    プラチナスタイルやゴールドスタイル等が、有名ブランド向けにオーダーメイドで製作されるなどしています。

    スカラ フィレンツェ

    このパターンは、1942年のカタログに初めて登場しました。
    グリーンの小さなブドウの葉と花と金色の模様が絡み合った装飾は、
    19世紀初めの新古典主義スタイルの特徴をよく表しています。

    このパターンは、1770年代より作られ始めました。
    トスカーナ地方の典型的な町の風景が遠近法で描かれ、
    その図柄は、トロンプ・ルイユ(だまし絵)を見ているかのようです。
    1997年の映画「ある貴婦人の肖像」でも使われました。

    King's Collection サボイア家 森の果実 King's Collection サボイア家 森の果実

    1800年代にイタリア最後の王家サボイア家のために作られました。
    オリジナルはイタリア大統領官邸でもあるローマのクイリナーレ宮殿や、
    リチャードジノリ博物館に保存されています。
    レリーフ模様はパテシュールパテと呼ばれる
    粘土の水溶液を塗り重ねる方法で作られており、
    一度焼かれたあと、24金で最後に仕上げられます。

    1740年よりのリチャードジノリ・ドッチア工場の技術の素晴らしさを伝え続ける逸品です。
    18世紀にトスカーナ大公が、住まいであるピッティ宮殿で使用していました。
    このシリーズは完全なるハンドメイドで、ダスティングと呼ばれる技法で作られます。
    風景のスケッチはまず紙に複製され、輪郭に沿って非常に小さな穴が開けられ、
    その上から煤の粉をかけ、プレートやカップの上に下書きを写し取ります。
    風景はアイテムによってすべて異なったものとなっています

    ミュージオシェイプについて

    1800年代後半に作らたミュージオホワイトは、軽快な波のモチーフが浅浮き彫りでプレートの縁に装飾されています。
    ミュージオの名前は、ヨーロッパで最初の企業博物館である「リチャードジノリ博物館」にちなんで名付けられました。
    ミュージオシェイプはセットにすることで見事な調和を見せるため、星付きのレストランより評価されています。
    2009年イタリアのラクイラで開催された主要国首脳会議G8サミットでも使用されました。

    ミュージオクラシコ

    ミュージオクラシコはドッチア窯創設期から続く、
    リチャードジノリの柄の中で最も古いパターンのひとつです。
    原案は日本の九谷焼にあるとされ、
    イタリアではレーテ(レース・網)模様と呼ばれています。

    ※人気が集中した場合、ご注文順となりますので後ほど確認のメールをお入れします。
    Monthly Topic: Luxury Selection BACK NUMBER

    • Luxury Selection vol.103 遊び心に溢れたティーポット
    • Luxury Selection vol.102 蘇る京の幻「京薩摩」
    • Luxury Selection vol.101 ヘレンドとシノワズリ
    • Luxury Selection vol.100 世界中の高品質な商品を皆さまのご家庭に
    • Luxury Selection vol.99 暮らしに根付くフィンランドデザイン
    • Luxury Selection vol.98 GEORG JENSEN
    • Luxury Selection vol.97 宝石の時計「カルティエ」
    • Luxury Selection vol.96 ミニチュア食器の世界
    • Luxury Selection vol.95 暮らしの中で輝くクリストフル
    • Luxury Selection vol.94 ジョサイア・ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.93 ヴェネチアンガラス
    • Luxury Selection vol.92 景徳鎮
    • Luxury Selection vol.91 ヨーゼフ・ホフマン
    • Luxury Selection vol.90 クラウンダービー
    • Luxury Selection vol.89 ガラスのパレット
    • Luxury Selection vol.88 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.87 ヘレンド190周年
    • Luxury Selection vol.86 竜
    • Luxury Selection vol.85 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.84 マイセンの創世期
    • Luxury Selection vol.83 ストークオントレント
    • Luxury Selection vol.82 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.81 ボヘミア
    • Luxury Selection vol.80 ラリック
    • Luxury Selection vol.79 浮世絵ガラス
    • Luxury Selection vol.78 アウガルテン
    • Luxury Selection vol.77 ロイヤルコペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.76 ロイヤルアルバート
    • Luxury Selection vol.75 春意万象
    • Luxury Selection vol.74 マイセン
    • Luxury Selection vol.73 ローゼンタール
    • Luxury Selection vol.72 リモージュ
    • Luxury Selection vol.71 ノリタケ
    • Luxury Selection vol.70 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.69 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.68 現代のマイセン
    • Luxury Selection vol.67 エルメス
    • Luxury Selection vol.66 Oiva Toikka
    • Luxury Selection vol.65 バカラ創設250周年
    • Luxury Selection vol.64 食卓の芸術
    • Luxury Selection vol.63 ハプスブルク家の食卓
    • Luxury Selection vol.62 ラリック
    • Luxury Selection vol.61 ナソンモレッティ
    • Luxury Selection vol.60 アラビア メモリーズ
    • Luxury Selection vol.59 マイセン
    • Luxury Selection vol.58 エルコーレ・モレッティ
    • Luxury Selection vol.57 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.56 ロイヤルクラウンダービー
    • Luxury Selection vol.55 フランツ・コレクション
    • Luxury Selection vol.54 マイセンクリスタル
    • Luxury Selection vol.53 エインズレイ
    • Luxury Selection vol.52 バラリン
    • Luxury Selection vol.51 ロイヤル・コペンハーゲン
    • Luxury Selection vol.50 吉祥(バカラ)
    • Luxury Selection vol.49 マイセン
    • Luxury Selection vol.48 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.47 リチャード・ジノリ
    • Luxury Selection vol.46 グラシアス
    • Luxury Selection vol.45 イッタラ・アラビア
    • Luxury Selection vol.44 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.43 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.42 PK500
    • Luxury Selection vol.41 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.40 カトラリー
    • Luxury Selection vol.39 ドラゴンと龍
    • Luxury Selection vol.38 エミール・ガレ
    • Luxury Selection vol.37 フランティシェクハラマ
    • Luxury Selection vol.36 ル・ノーブル美術館
    • Luxury Selection vol.35 バカラ デザイナー
    • Luxury Selection vol.34 星雨花宴
    • Luxury Selection vol.33 Ajka Crystal
    • Luxury Selection vol.32 たくみ切子・後編
    • Luxury Selection vol.31 たくみ切子・前編
    • Luxury Selection vol.30 ロイヤルウェディング
    • Luxury Selection vol.29 グラヴュール技法
    • Luxury Selection vol.28 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.27 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.26 スワロフスキー
    • Luxury Selection vol.25 ベリーク
    • Luxury Selection vol.24 リチャードジノリ
    • Luxury Selection vol.23 有田焼
    • Luxury Selection vol.22 ギグリオ
    • Luxury Selection vol.21 アラビアンナイト
    • Luxury Selection vol.20 バカラ
    • Luxury Selection vol.19 景徳鎮・後編
    • Luxury Selection vol.18 景徳鎮・前篇
    • Luxury Selection vol.17 ヘレンド
    • Luxury Selection vol.16 マイセン
    • Luxury Selection vol.15 リヤドロ
    • Luxury Selection vol.14 イヤープレート
    • Luxury Selection vol.13 ガレ
    • Luxury Selection vol.12 お茶の歴史・後編
    • Luxury Selection vol.11 お茶の歴史・前篇
    • Luxury Selection vol.10 切子の世界
    • Luxury Selection vol.09 ラリック150周年
    • Luxury Selection vol.08 ウェッジウッド
    • Luxury Selection vol.07 鷲
    • Luxury Selection vol.06 マイセン
    • Luxury Selection vol.05 ヘレンド フンボルト
    • Luxury Selection vol.04 フローラダニカ
    • Luxury Selection vol.03 ロスチャイルドバード
    • Luxury Selection vol.02 マイセン
    • Luxury Selection vol.01 ラリック