• [人気キーワード]
  • もっとみる
    • [人気キーワードTOP15]
ショッピングガイド
はじめてのお客様へ
ご利用ガイド
品質とサービス
コンシェルジュに相談
FAXでのご注文

アイテムを指定する

戻る

ブランドを指定する

シリーズを指定する

詳細検索

検索

アウガルテン(オーストリア)

アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム ワインクーラー バッカス

  • ゆうパケット
  • 文字入れ可
  • ラッピング可
  • 廃盤品
  • 日本未入荷
  • レアもの
  • 在庫品限り
商品番号002900418302
商品名アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム ワインクーラー バッカス
ブランド名アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名300周年アイテム
オプション
  • ラッピングラッピング
  • 文字入れ可文字入れ可
サイズ横幅35×奥行き22×高さ19cm 2.3kg
ル・ノーブル価格 税込 756,000 円
在庫状況予約

在庫状況について

数量:
返品・交換について

【海外お取り寄せ品 ご注文を頂きましてから約3ヶ月でのお届けとなります。】

【現在お取り寄せ受付中】
「海外お取り寄せ品のご購入に関するお願い」
こちらのアイテムは、ご注文を頂きましてから約3ヶ月でのお届けとなりますので、商品到着日指定はお受けいたしかねます。誠に恐れ入りますが、ご了承のほど何卒よろしくお願い致します。
本商品は取り寄せ品の為、通常商品(現在在庫有り商品)と同時購入頂いた場合、お取り寄せ品入荷後の同時発送となります。予めご了承くださいませ。
「お取り寄せ品」と「通常商品(現在在庫有り商品)」の別々のお送りをご希望されます場合は、「お取り寄せ品」のお買い物を完了されてから、再度、ご希望の商品のご購入手続きをお願い致します。
※送料や手数料は、一つの御注文ごとに発生致します。
※メーカー・輸送などの都合上、入荷が遅れる場合がございます。予めご了承くださいませ。
2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンが開窯300周年を迎えたことを記念して発売された記念アイテムです。

19世紀ネオクラシカル時代のシェイプ。

正面にはビスク(素焼き)のメダリオンが焼き付けられ、持ち手は雄々しい山羊の頭で装飾されています。

ヨーロッパ各国の代表がオーストリアのウィーンに集結し、フランス革命・ナポレオン戦争後の後処理について話し合われた、ウィーン会議(1814-1815)の際、ワインは給仕される前にこういった入れ物に冷やされていました。

白熱した会議後の夜の晩餐を、少しでも和らげようと試みた、当時の人々の気苦労を知ることができます。
アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテムワインクーラー バッカス
  • アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテムワインクーラー バッカス
    アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテムワインクーラー バッカス
  • ブランドについて

    アウガルテン(オーストリア)

    「アウガルテン 陶磁器商品のご購入に関するお願い」
    アウガルテンの商品は、熟練した職人により昔ながらの技法で手作りにより一つずつ製作されております。つきましてはHP上でご紹介しております商品とお届けする商品の絵柄は多少異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    (※イヤープレートに描かれているモチーフは手描きではなく、転写です。)
    在庫切れになりました場合、制作にお時間を頂戴いたします。お届けまでに3〜6ヶ月ほど頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。


    「バックスタンプについて」
    バックスタンプのデザインは製造時期により商品画像と異なる場合がございます。
    【ノーブルトレーダース 株式会社は、ウィーン磁器工房アウガルテンの日本総代理店です。】
    1718年ハプスブルク家が全盛を誇った時代にウィーン磁器工房は誕生しました。アウガルテン窯の始まりです。ここは世界で初めてコーヒーカップを磁器で作った窯でもあります。
    1744年には、女帝マリア・テレジアによってハプスブルグ皇室直属の窯に命じられ、以来、「インペリアル ウィーン磁器工房」としてこの工房で作られる全商品には、ハプスブルク家の紋章である横2本の盾が、商標として焼き付けられています。この時代にフランスを代表とする画家ワトーが描くロココ調の風景画や、磁器製の人形が盛んに製作され、今日でもこれらウィーン磁器工房のロココ調磁器は、収集家に大変珍重されています。
    この時代に誕生した代表的な絵柄のひとつに 「マリア・テレジア」 があります。マリア・テレジアの狩猟の館であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして、女帝への敬意を込めて贈られたもの。18世紀狩猟のシンボルであった、もみの木の色だけで彩色された優美な花柄は現在でも高い人気を誇っています。
    その後もアウガルテンは皇族、貴族のために磁器を焼き続け、24金の金粉を液体に溶かして磁器に塗る新しい技法などを次々と生み出し、18世紀後半には 「技術と品質で世界一」 という名声を得たのです。ハプスブルク家の衰退とともに、1864年から約60年の間一時休窯となったアウガルテンですが、1924年かつてのマリア・テレジアの狩猟の館であるアウガルテン宮殿に工房を移し、名称もウィーン磁器工房アウガルテンと改めてよみがえりました。
    今でも、製品のすべてが熟練した職人によって昔ながらの手作りにより製作されているため、生産量は限られています。しかし優しい輝きを放つ絵柄、温かみのある白磁、しっとりなじむフォルムは、一途なこだわりがあるからこそ守られている「アウガルテンの生命」なのです。

    商品詳細

    商品番号 002900418302
    商品説明 【現在お取り寄せ受付中】
    「海外お取り寄せ品のご購入に関するお願い」
    こちらのアイテムは、ご注文を頂きましてから約3ヶ月でのお届けとなりますので、商品到着日指定はお受けいたしかねます。誠に恐れ入りますが、ご了承のほど何卒よろしくお願い致します。
    本商品は取り寄せ品の為、通常商品(現在在庫有り商品)と同時購入頂いた場合、お取り寄せ品入荷後の同時発送となります。予めご了承くださいませ。
    「お取り寄せ品」と「通常商品(現在在庫有り商品)」の別々のお送りをご希望されます場合は、「お取り寄せ品」のお買い物を完了されてから、再度、ご希望の商品のご購入手続きをお願い致します。
    ※送料や手数料は、一つの御注文ごとに発生致します。
    ※メーカー・輸送などの都合上、入荷が遅れる場合がございます。予めご了承くださいませ。
    2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンが開窯300周年を迎えたことを記念して発売された記念アイテムです。

    19世紀ネオクラシカル時代のシェイプ。

    正面にはビスク(素焼き)のメダリオンが焼き付けられ、持ち手は雄々しい山羊の頭で装飾されています。

    ヨーロッパ各国の代表がオーストリアのウィーンに集結し、フランス革命・ナポレオン戦争後の後処理について話し合われた、ウィーン会議(1814-1815)の際、ワインは給仕される前にこういった入れ物に冷やされていました。

    白熱した会議後の夜の晩餐を、少しでも和らげようと試みた、当時の人々の気苦労を知ることができます。
    ラッピング
    文字入れ
    • 電子レンジ可電子レンジ可
    • オーブン可オーブン可
    • 直火可直火可
    • 食洗機可食洗機可
    パープル(紫)
    花/植物/フルーツ
    材質
    陶磁器製品 > 磁器
    カテゴリー
    キッチン > ワイン・バー用品 > クーラー
    特集
    注意事項
    ☆お気に入りに追加する
    商品名 アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム ワインクーラー バッカス
    ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
    シリーズ名300周年アイテム
    オプション
    • ラッピングラッピング
    • 文字入れ可文字入れ可
    サイズ 横幅35×奥行き22×高さ19cm 2.3kg
    ル・ノーブル価格 税込 756,000 円
    在庫状況予約

    在庫状況について

    数量:
    返品・交換について

    300周年アイテム にはこのような商品もございます

    戻る
    pagetop pagetop